💭

楽天モバイルの普段使いは時期尚早か(2021/09)

1 min read

TL;DR

楽天モバイルは、公式サイトのエリア図で赤く表示されている地域でも地下、マンションなどでは届きづらいことが結構あります(2021.09現在)。普段使いでの利用はまだ避けた方がよいかもしれません。

経緯

私のスマホの利用は、Wifi環境がある自宅での利用がほとんどで、友達も少なくて電話連絡など月に1,2回あるかどうかです。

名古屋市内に住んでいますが、公式サイトの通信エリアを見ると真っ赤になっているため、まぁ問題ないだろうと判断し、楽天モバイルに切り替えました。

友達が少ないことが幸いし全く問題を感じていなかったのですが、先日、マンション6階以上の自宅に電話がかかってきたので出たところ、相手の音が聞こえなくなる事象が10-30秒おきに発生し、最終的に2-3分の通話で通信が切れてしまいました。iPhoneのアンテナ表示を見ると1本だけ何とか立っている状況...

慌てて1Fに降りるとMAX4本立って問題なく通話できるようになりました。

公式サイトのエリア図はあくまで障害物がない地上エリアの面積としてのカバー率で、マンションの上層階といった高さ方向や、建物の中、地下といった障害物のある環境での通信環境では大手携帯会社にはまだまだ及ばないのだと推測しています。

パートナー回線エリアであれば逆に良かったのかもしれませんが、自宅を含む名古屋市が楽天回線エリアのため発生する問題なのかもしれません。
ちなみに、別契約しているdocomo回線では自宅でもアンテナMAX4本立っています。

使用頻度が低い私のような人は運用でカバーできますが、そうでない人が、公式サイトのエリア状況だけをもとにメイン回線を楽天モバイルに切り替えるのは、まだ早いかなと思いました。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます