💭

Ubuntu20.04 でのsecondary IPの設定

commits1 min read

Ubuntu 20.04の2台構成で、サーバ固有のIPアドレスとは別にクラスタ用IPアドレスを割り振ることでクラスタを組もうとした際のメモ。

通信の送信元はクラスタIPで行いたい。Ubuntuで複数IPを割り当てると一方がSecondaryとなり、通信の送信元にはSecondaryでない方が使用される。これはsshサーバに接続してログに表示される接続元IPで確認。

サーバ固有のIPが192.168.1.191,クラスタIPが192.168.1.11の場合に、クラスタのマスタからメンバに降格してサーバ固有のIPのみ割り振られた状態で再度クラスタIPを追加すると、クラスタIPがSecondaryとなってしまう。/etc/netplan/99_config.yamlにて以下のように指定しているのだが。

network:
  version: 2
  renderer: networkd
  ethernets:
    eth0:
      dhcp4: false
      dhcp6: false
      addresses: 
        - 192.168.1.11/24
        - 192.168.1.191/24
      gateway4: 192.168.1.254
      nameservers:
        addresses: [192.168.1.254]

IPアドレスの順番を変えてもダメ。どうも、追加したIPアドレスが必ずSecondaryになるという仕様らしい。対応として一旦クラスタIPアドレスのみ割り当て、サーバ固有のIPアドレスを追加するという手順を踏んだところ、クラスタIPアドレスがSecondaryでない設定をすることができた。

...と思っていたが、それでもうまくいかないケースが発生。
インストール時にサーバ固有IPを初期設定すると、/etc/netplan/00-installer-config.yamlに設定が書き込まれ、そちらも含めて設定しようとするらしく、/etc/netplan/99_config.yamlを書き換えてもサーバ固有IPが解放されない状態となった。これは/etc/netplan/00-installer-config.yaml/etc/netplan/00-installer-config.yaml.disabledのようにリネームすることで解消した。

/etc/netplan/00-installer-config.yamlを作成しろという記事はあるが、/etc/netplan/00-installer-config.yamlを無効化しろという記載がない記事が多いので、落とし穴かもしれない。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます