🌏

2021年のCircleCI Slack通知【Orbs v4】

5 min read

TL;DR

久しぶりにCircleCIのセットアップをしたのですが、Slack通知周りの仕様が大きくbreaking changeしていました。
前まではwebhookを登録するだけでサクッと通知できたのですが、びっくりするほど手順が増えていたので、備忘録も兼ねて記事に残しておきます。

Orbsはv3とv4でも仕様がわりと異なっているみたいで、この記事ではv4について書いています。
(circleci/slack @4.1.4)

手順

基本的には https://github.com/CircleCI-Public/slack-orb 通りなので参照してください。
以下では補足しています。

SlackAppを作成する

READMEに従って、指定の権限を有するSlackAppを作ってください
一点READMEにはない注意事項ですが、botの display name を設定しないとWorkspaceへのインストール画面で弾かれます。

トークンを環境変数に設定する

SlackAppを作成する で取得したトークンを、CircleCIの該当のプロジェクトのEnvironment VariablesにSLACK_ACCESS_TOKENという命名で設定します。

合わせて、デフォルトの配信先チャンネルのchannel_idをSLACK_DEFAULT_CHANNELという命名で設定します。
channnel_idは、Slackのweb版から取得できます。

https://app.slack.com/client/<team_id>/<channel_id>

workflowに設定する

Orbs circleci/slack@4.1.4 では、stepで明示的に通知のタイミング等を指定します。

templateを使用する場合

現状3種類だけですが、templateが提供されています。
利用方法は https://circleci.com/developer/ja/orbs/orb/circleci/slack にあるとおりです。
pass fail always の3つのeventを指定可能で、stepsで設定します。

templatesの中身は https://github.com/CircleCI-Public/slack-orb/tree/master/src/message_templates で確認できます。

カスタムする場合

とはいえ3種類しかないので、 fail 時にメンションとか要らないなぁ となったときなど、細かい調整が効かないです。
そういうときはCircleCI 2.1の commands を使って、自分でtemplatesのようなものを設定できます。

例えばこんな感じの通知を出す場合

Screen Shot 2020-12-23 at 21.18.40.png

以下のようなcommndsを設定します。

commands:
  notify-test-passed:
    steps:
      - slack/notify:
          event: pass
          custom: |
            {
              "text": "",
              "blocks": [
                {
                  "type": "header",
                  "text": {
                    "type": "plain_text",
                    "text": ":circleci-pass: All test suites were passed!", # :circleci-pass: は自分で追加したemoji
                    "emoji": true
                  }
                },
                {
                  "type": "section",
                  "fields": [
                    {
                      "type": "mrkdwn",
                      "text": "*Repository*: $CIRCLE_PROJECT_REPONAME"
                    },
                    {
                      "type": "mrkdwn",
                      "text": "*Branch*: $CIRCLE_BRANCH"
                    },
                    {
                      "type": "mrkdwn",
                      "text": "*Author*: $CIRCLE_USERNAME"
                    }
                  ]
                },
                {
                  "type": "actions",
                  "elements": [
                    {
                      "type": "button",
                      "text": {
                        "type": "plain_text",
                        "text": "View Job"
                      },
                      "url": "$CIRCLE_BUILD_URL"
                    }
                  ]
                }
              ]
            }
  notify-deploy-passed:
    steps:
      - slack/notify:
          event: pass
          custom: |
            {
              "text": "",
              "blocks": [
                {
                  "type": "header",
                  "text": {
                    "type": "plain_text",
                    "text": ":circleci-pass: Deployment Successful!",
                    "emoji": true
                  }
                },
                {
                  "type": "section",
                  "fields": [
                    {
                      "type": "mrkdwn",
                      "text": "*Repository*: $CIRCLE_PROJECT_REPONAME"
                    },
                    {
                      "type": "mrkdwn",
                      "text": "*Job*: $CIRCLE_JOB"
                    },
                    {
                      "type": "mrkdwn",
                      "text": "*Tag*: $CIRCLE_TAG"
                    }
                  ]
                },
                {
                  "type": "actions",
                  "elements": [
                    {
                      "type": "button",
                      "text": {
                        "type": "plain_text",
                        "text": "View Job"
                      },
                      "url": "$CIRCLE_BUILD_URL"
                    }
                  ]
                }
              ]
            }

jobsではこんな感じ

  test:
    working_directory: ~/workspace
    steps:
      - checkout
      - attach_workspace:
          at: .
      - run:
          name: Test
          command: yarn test --runInBand
          working_directory: .
      - notify-test-passed # passしたときはこれを実行
      - notify-job-failed  # failしたときはこれを実行

yaml内で設定できる環境変数はこちらを参照します。

https://circleci.com/docs/ja/2.0/env-vars/#定義済み環境変数

以上です。
拡張性はグンと増しましたが、サクッと設定できなくなってしまった?のはすこし面倒ですね。

あとがき

2020/12/23現在はまだ公式ドキュメントも整備されておらず、webhookから簡単に登録できると記載があったりもします。
実際にはCircleCIのUIからwebhookの登録は削除されているため、できません。

以下のツイートで、ドキュメントにはChat Notificationsという項目があるが新UIではこれが見つからない。どうすればいいか?という質問に対して、公式がOrbsに誘導しています。
公開ささている公式SlackAppも使えなくなっているので、「混乱を避けるために削除しては?」という指摘もされていますね。

Screen Shot 2020-12-23 at 21.34.34.png

早いところ整備されたら嬉しいですね。

Discussion

ログインするとコメントできます