🦁

ELEGOO Arduino Nano互換ボードの使い方

2 min read

ELEGOO Nano とは

  • Arduino Nanoの互換ボード
  • 激安
    • 本家が約3000円のところ,ELEGOO Nanoは1個500円ほど
  • Amazonの購入リンク

必要なもの

  • ELEGOO Nano ×1
  • Mini-USBケーブル ×1
  • PC (Windows10, 11で動作確認済み)
  • はんだごて(ピンヘッダを使う場合)

使い方の概要

  1. ピンヘッダを使う場合ははんだ付けする
  2. 専用のUSBドライバを公式サイトから入手してPCにインストール
  3. Mini-USBケーブルでPCと接続してArduino IDEでプログラムを書き込む
    • 基本的な使い方はArduino Nanoと同じ

使い方の詳細

1. はんだ付け(ピンヘッダを使う場合)

公式ページにある図を参考にしつつ,ピンヘッダをはんだ付けします.

2. USBドライバのインストール

公式サイトELEGOO Arduino Nano Board V3.0 のリンクからドライバをダウンロードします.(V3.0+の場合は少し上のリンクから).

ダウンロードしたzipファイルを解凍して,CH341SER_WINDOWS.EXE を実行.

INSTALL ボタンを押せばインストールが始まります.

3. Arduino IDEでプログラムを書き込む

Mini-USBケーブルでPCと接続し,Arduino IDEを立ち上げます.(未インストールの場合はインストールしてください)

Arduino IDEの「ツール」で以下のように設定します:

  • ボード:"Arduino Nano"
  • プロセッサ:"ATmega328P"
  • シリアルポート:認識されているポート番号(接続ポートにより変わります)

設定できたら,動作確認のため Hello World でも試してみます.

void setup()
{
  Serial.begin(9600);
}

void loop()
{
    Serial.println("Hello, World");
    delay(1000);
}

①書き込みを実行して,②シリアルモニタを立ち上げます.

成功すれば,ボードの TX のLEDが1秒ごとに光り,画像のように「Hello World」がシリアルモニタで見えるはずです.

見えてこない場合,シリアル通信速度の設定(↑画像の赤枠)などの設定を見直してみてください.

参照ページ

Discussion

ログインするとコメントできます