🧗

Dockerコンテナについてとライフサイクル

2022/02/15に公開

Dockerコンテナのメリット

  • カーネルを含める必要がないことによる軽量化
  • 隔離できることによるメンテナンスコストの低さ
  • Docker image化することによる可搬性の高さ
  • LinuxOSでしか動作しない(Docker Engineが動かせる環境)

Dockerコンテナは作っては捨てる

  • 1~3をDocker Hubを用いてDocker imageの更新を行いながら繰り返し行う
  1. 作成
  2. 起動
  3. 破棄

コンテナを破棄した場合のデータの行方

  • そのままの状態では、コンテナ内のリソースは全て消去されてしまう
  • そのため、ホストOSのディスクにマウントしそこに保存する

コンテナへのマウント方法

  • ボリュームマウント
    • Docker Engineの管理領域にボリュームを作成しディスクとしてコンテナにマウントする
  • バインドマウント
    * マウント場所はDockerの管理外かつホストOS
    * ファイル更新が頻繁にある場合に利用する

Discussion

ログインするとコメントできます