🎨

PixiJSでy軸の原点を画面左下にしたい時のコード

2022/10/16に公開約3,200字

PixiJSも通常のCanvasと同様、原点は描画エリアの左上になります。
y軸は画面下に行けば行くほど、正に増大していきます。
この状態では実装する画面をイメージしづらいため、原点を描画エリア左下に移動させたいと思います。

xy軸について。
左が通常の状態。これを右の状態にしたい。

PixiJSでy軸の原点を画面左下にするサンプルコード

以下がサンプルコード(TypeScript)です。
pixi.jsはver.6.3.2を使っています。
コチラの記事を参考にしました。

import * as PIXI from 'pixi.js'

window.onload = () => {
  PIXI.utils.skipHello()

  // canvasのラッパー要素
  const wrapper = document.getElementById('js-canvas_wrapper') as HTMLElement

  // 画面解像度の比率
  const pixelRatio = window.devicePixelRatio || 1
  // PixiJSアプリ
  const app = new PIXI.Application({
    antialias: true,
    autoDensity: true,
    resolution: pixelRatio / 1,
    height: window.innerHeight,
    width: window.innerWidth
  })

  // コンテナを用意
  const container = new PIXI.Container()
  // コンテナをy軸反転
  container.position.y = app.renderer.height / app.renderer.resolution // … ①
  container.scale.y = -1 // … ①
  // リサイズ時の処理
  const observer = new ResizeObserver(() => {
    // canvas等をリサイズ
    app.view.style.height = `${wrapper.clientHeight}px`
    app.view.style.width = `${wrapper.clientWidth}px`
    app.view.height = wrapper.clientHeight * pixelRatio
    app.view.width = wrapper.clientWidth * pixelRatio
    app.renderer.resize(
      app.view.width / pixelRatio,
      app.view.height / pixelRatio
    )
    // コンテナのy軸を反転
    container.position.y = app.renderer.height / app.renderer.resolution // … ②
    container.scale.y = -1 // … ②
  })
  observer.observe(wrapper)

  // サンプル: 画像
  const bunnyTexture = PIXI.Texture.from('/path/to/image/bunny.png')
  bunnyTexture.rotate = 8 // … ③
  const bunnySprite = new PIXI.Sprite(bunnyTexture)
  bunnySprite.anchor.set(0.5)
  bunnySprite.x = 400
  bunnySprite.y = 400
  container.addChild(bunnySprite)

  // サンプル: 図形
  const graphics = new PIXI.Graphics()
  graphics.beginFill(0xff3300)
  graphics.lineStyle(4, 0xffd900, 1)
  graphics.moveTo(0, 0) // … ④
  graphics.lineTo(350, 350)
  graphics.lineTo(100, 400)
  graphics.lineTo(50, 350)
  graphics.closePath()
  graphics.endFill()
  container.addChild(graphics)

  // canvasをラッパー要素へセット
  wrapper.appendChild(app.view)
  // コンテナをstageに追加
  app.stage.addChild(container)
}

やっている事は以下の通りです。
特に大切なのが、ソースコード上のコメントの①/②/③ですね。

  1. PIXI.Containerのインスタンスを生成。このインスタンスの中に描画する要素を入れていきます。
  2. 1.で作成したコンテナを反転します。(①)
  3. リサイズ時にもコンテナが反転されるよう処理を実装します。(②)
    • 参考記事にあるコメントにならい、実装しています。
  4. テクスチャを反転します。(③)
    • テクスチャの反転を忘れてしまうと、すべて逆さになってしまうので注意しましょう。
    • テクスチャではなく、スプライトへの反転でもOKです。(bunnySprite.angle = 180としても同じ結果になります。)

描画結果
サンプルコードの描画結果

画面左下を原点として描画できるようになりましたので、サンプルコードの④にあるように(0, 0)と指定すれば、画面左下から図形の描画が始まります。

参考にしたリンク

Discussion

ログインするとコメントできます