🐧

簡易的なclearlinuxベースのlumen環境

2 min read
  • コンテナ環境で構築するPHPのベースイメージとして定番のphp-fpmがあるが容量の重さは否めない。
  • その対応策としてalpineという軽量ベースイメージを用いることも多いが、堅牢性やパフォーマンスの心配もある。
  • そこで今回は、堅牢性やパフォーマンスが高いと言われているclearlinuxをベースイメージにして、軽量FWのlaravel製のlumen環境を作成する。

環境

  • Mac OS X 10.15.6
  • Docker version 20.10.8
  • Docker Compose version v2.0.0-rc.1

手順

必要ファイル作成

  • 以下のコマンドを入力して、必要なファイルを作成する。
# 作業フォルダ作成 & 移動
mkdir work; cd $_
# docker file作成
touch Dockerfile docker-compose.yml .dockerignore
# nginxの設定ファイル作成
touch default.conf
  • 作成後、各ファイルの中身を以下のようにする。
Dockerfile
FROM clearlinux/php-fpm

RUN swupd bundle-add php-extras unzip \
    && rm -rf /var/lib/swupd/*

COPY --from=composer /usr/bin/composer /usr/bin/composer

WORKDIR /var/www/html/src
docker-compose.yml
version: "3"

services:
  web:
    image: nginx
    ports:
      - 8080:80
    volumes:
      - ./default.conf:/etc/nginx/conf.d/default.conf
      - ./src:/var/www/html/src
    restart: always
    depends_on:
      - php

  php:
    build: .
    volumes:
      - ./src:/var/www/html/src
  # db: 省略
.dockerignore
.git
Dockerfile
docker-compose.yml
default.conf
server {
    listen 80;
    root /var/www/html/src/public;

    location / {
        index  index.php index.html;
        try_files $uri $uri/ /index.php;
    }

    location ~ \.php$ {
       fastcgi_pass   php:9000;
       fastcgi_index  index.php;
       fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
       include        fastcgi_params;
    }
}

イメージの起動及びプロジェクトの作成

  • 上記のファイル群作成後、下記のコマンドでイメージの起動を行う。
# イメージの起動
$ docker-compose up -d

# lumenプロジェクトの作成
$ docker-compose exec php composer create-project --prefer-dist laravel/lumen .

確認

  • 起動及びプロジェクト作成後、localhost:8080をアクセスして以下のようなバージョン情報が表示されれば完了。

image

まとめ

  • 容量は問題ないレベルで軽量化しており、パフォーマンスも安定している。
  • また最低限揃っており、swupdと合わせることにより記述も短い。
  • もう少し様子見をして今後を検討する。

参考

Discussion

ログインするとコメントできます