[Docker]Alpineでの容量可視化ツール「duf」の導入

1 min読了の目安(約1600字TECH技術記事

はじめに

  • システム内での容量確認のため、dfやduコマンドを利用する事は多い。
  • そこでdufという容量可視化ツールをmacで利用していた。
  • 便利であったため、同様にDocker内のalpineへも展開する必要が発生。
  • 今回は、Docker内のAlpineLinuxへのdufの導入を記録する。

環境

  • alpine:edge

手順

必要ファイルの取得

  • 以下のコマンドで、任意の場所に必要なバイナリを取得する。
    • apkのパッケージとして用意されていないため。
    • wgetコマンドがなければ、curlコマンドで代替。
# 取得場所の作成・移動
mkdir ~/work
cd ~/work
# バイナリの取得
wget https://github.com/muesli/duf/releases/download/v0.5.0/duf_0.5.0_linux_amd64.apk
  • wget: bad address 'github.com'のようなエラーが出た場合のみ、/etc/resolve.confを以下のようにを変更
/etc/resolve.conf
# This file is included on the metadata iso
nameserver 8.8.8.8  # 変更

導入

  • 以下のコマンドで、バイナリからdufを取得。
# dufの取得
apk add --allow-untrusted duf_0.5.0_linux_amd64.apk 
  • ※error出力が出るが、利用可能状態ではある。

確認

  • 以下の画面のコマンドのように利用可能か確認。

image

image

image

image

参考