📌

【Flutter】画面上部のTabBarの作り方

2022/12/16に公開約3,200字

TabBarClass公式

画面上部のTabBarの作り方について

1 TabBarウィジェットを設置する(AppBarのtitle内)

appBar: AppBar(
    title: TabBar(//①TabBarWidgetで上部のバーが作れる
        onTap: _onItemTapped, //タップしたtabs:[] のindex番号を_onItemTappedの引数(int index)として渡している
        tabs: [
          Tab(text: '1',),
          Tab(text: '2'),
        ],
        indicatorColor: Colors.white,
    ),
),

重要なプロパティ三点↓

  • onTap::Tapした時の挙動
  • tabs::実際のバー
  • indicatorColor::バー下にある細い線(indicator)の色

2 色々必要物を定義する

int _currentPageIndex = 0;//ここにTapされたバーのindex番号を入れる

  void _onItemTapped(int index) {
    //Tapされたindexを上記_currentPageIndexに代入するメソッド
    setState(() {
      _currentPageIndex = index;
    });
  }
  static const List<Widget> _widgetOptions = <Widget>[
    //Widgetの配列を持つ要素を定義しておく。_currentPageIndexの値に応じたWidgetはここに用意。
    Page1(),
    Page2()
  ];
  • _currentPageIndex:適用するバーのindex番号を格納する変数。

  • _onItemTapped(int index):適用するバーのindex番号を_currentPageIndexに格納するメソッド。この中のsetStateメソッドが回ることによって再描画され、タップされたバーのindex番号が_currentPageIndexに入る

  • _widgetOptions:index番号に対応する画面(Widget)のリスト。

3 出し分ける画面のWidgetをchildの部分に設置する

body: Column(
  children: [
    Expanded(
      child: Container(
        child: _widgetOptions.elementAt(_currentPageIndex)))
        //elementAt()メソッド:()内のindex番号を取り出す。ここでは _currentPageIndex を渡す
  ],
),
  • 2で定義したWidgetを駆使してchildなどに渡す

サンプルコード

main.dart
class MainPage extends StatefulWidget {
  const MainPage ({Key? key}) : super(key: key);

  
  State<MainPage> createState() => _MainPageState();
}

class _MainPageState extends State<MainPagePage> {

  int _currentPageIndex = 0;// ②:ここにTapされたバーのindex番号を入れる
  void _onItemTapped(int index) {
    //Tapされたindexを上記_currentPageIndexに代入するメソッド
    setState(() {
      _currentPageIndex = index;
    });
  }
  static const List<Widget> _widgetOptions = <Widget>[
    //_widgetOptionsというWidgetの配列を持つ要素を定義しておく
    Page1(),
    Page2()
  ];

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return DefaultTabController(
      length: 2,
      child: Scaffold(
        appBar: AppBar(automaticallyImplyLeading: false,
            // //以上の記述一行だけでNavigationのBack矢印が消せる。豆知識
            title: GestureDetector(//このGesutureDetectorは要らないです今気づきました。


              child: TabBar(//①TabBarWidgetで上部のバーが作れる
                onTap: _onItemTapped, //タップしたtabs:[] のindex番号を_onItemTappedの引数(int index)として渡している
                tabs: [
                  Tab(text: '1',),
                  Tab(text: '2'),
              ],
              indicatorColor: Colors.white,
        ),
            ),
        backgroundColor: Colors.blue),
        body: Column(
          children: [
            Expanded(
                child: Container(
                    child: _widgetOptions.elementAt(_currentPageIndex))) 
                    //③タップしたバーによって表示を変える。そのwidgetをここに設置している
                     //elementAt()メソッド:()内のindex番号を取り出す。ここでは _currentPageIndex を渡す
          ],
        ),
      ),
    );
  }
}

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます