💦

プロセスから削除したファイルの復元

2022/01/18に公開約1,300字

『なんだ、wine(仮想windows)の中にも同じフォルダ作られてるじゃん。消しちゃお。完全に消去でいいや』

削除コマンド
sudo rm -rf hogehoge

おっと!リンクって書いとけや!消してもうたやないか!!

というわけでね、今日は復旧ですね。

消した直後の方は、パニック起こさないで深呼吸🤗
inodeにデータが残っているので、そう簡単には消滅しません。

ubuntuのファイル構成と役割

https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/0108/07/news002.html
$ lsof ~/.wine/drive_c/users/username/Favorites
#lsofのあとに復旧したいフォルダPATH

ゴミ箱も漁りたい人は$ lsof ~/.local/share/Trash/filesゴミ箱のPATHを入れてね♪
(ファイルが、原型をとどめてるかは分かりません)

プロセスも階層になっているので、$ ls /proc/プロセスID番号/で確認しましょう。

プロセスIDの中身は詳しく書いてる方がいたので、リンク貼っておきます。
今日は『調べ方』と『削除からの復元』まで。

https://qiita.com/ihym/items/7c92c92d3ae1e896a11b
$ cp /proc/81038/ ~/ダウンロード
#copy 復旧したいプロセス 復旧先(この場合は復旧先がダウンロード)

もし、バーティションごと復旧したいときは

$ sudo apt install extundelete

復旧用のライブラリをインストール。

使い方は、umount dev/sda5と外部OSもしくは、
別のパーティションから(SSD)diskマウントを外した状態で
hogehoge.txtを復旧します。

$ sudo extundelete --restore-file hogehoge.txt dev/sda5
#全体に復旧する場合は、オプションを --restore-all

Discussion

ログインするとコメントできます