【Godot Engine】Path2D/PathFollow2Dを使って決まった経路で動かす方法

3 min read読了の目安(約2700字

概要

この記事では、Path2D / PathFollow2D を使って、指定した経路を移動させる方法を紹介します。

経路を移動するプロジェクトを作成

プロジェクトを作成して、2Dシーンを追加し、名前を "Main" ノードとします。
作成したら、Ctrl+S (Cmd+S)でシーンを保存しておきます。

Path2Dを追加

移動経路となる Path2D ノードを追加します。

Path2Dノードを選択していると、以下の特殊なアイコンが表示されます。

それぞれ左から以下のようになります。

  1. 点を選択
  2. 点にベジェカーブを適用する
  3. 点を追加する
  4. 点を削除する
  5. 線を閉じる

パスとなる線を作る

まずは点を追加するので、真ん中のアイコンを選びます。

そしてキャンバス内の4点をクリックして点を配置します。

そうしたら、上の一番右にあるボタンをクリックすると、線が閉じられます。

間違えたところに点をおいてしまった場合は、このボタンをクリックして削除モードにすると、配置済みの点をクリックして削除できます。

線を曲線にする

左から2番めのボタンをクリックすると、配置済みの点にベジェ曲線の制御点を追加できます。

このように楕円の形にしてみます。

PathFollow2Dの配置

PathFollow2Dを使用すると、Path2Dで作成したパスをたどる動きを作ることができます。
PathFollow2Dを追加します。

"icon.png" をキャンバスにドラッグ&ドロップします。

そして iconノードのインスペクタから Node2D > Transform > Position > x/y の値を「0」に初期化しておきます。

PathFollow2Dノードを選択します。

PathFollow2D > Unit Offset の値を動かして動きを確認します。

スクリプトで制御する

スプライトの動きをスクリプトで制御します。

Mainノードにスクリプトをアタッチして以下のように記述します

Main.gd
extends Node2D

# PathFollow2Dを取得する
onready var follow:PathFollow2D = $Path2D/PathFollow2D

func _ready() -> void:
	# Path2Dを線で描画する
	var line = Line2D.new()
	line.z_index = -100 # 後ろに描画する
	for point in $Path2D.curve.get_baked_points():
		line.add_point(point)
	add_child(line)

func _process(delta: float) -> void:
	# 5秒で一周する
	follow.unit_offset += 0.2 * delta

実行すると、パスの上をスプライトが移動するようになります。

参考