🧞‍♂️

Gitでスマートにコンフリクト解消

2021/06/11に公開約1,300字

Gitのロゴかっこいい。

背景

自分個人でコードを書いていたときには当然のようにGithubを使っていましたが、最近業務で他のソースコード管理ツールを使うようになりました。

現在利用しているのはBitbucketと呼ばれるツールなのですが、今日初めて自分の作成したブランチにコンフリクトの解決に少々手こずりました。なぜならば今まではGithubのブラウザ上でコンフリクトを解消できていたのが、Bitbucketにはない機能だったからです。

複数のソースコード管理ツールを利用するときでもコンスタントにコンフリクト解消ができるよう、その手順を記事にまとめておきます。

Steps

  1. マスターブランチでpull
  2. 作業をしたブランチでmerge
  3. コード修正
  4. プッシュ

1. マスターブランチでpull

まずは

git branch

で現在のブランチを確認。

マスターブランチにいない場合は、

git checkout master

でマスターブランチに移動します。

その後以下のコマンドで、

git pull

マスターブランチを引っ張ってきます。

2. 作業をしたブランチでmerge

次に作業ブランチに移動します。

git checkout 作業をしたブランチ

最新にしたマスターブランチをマージしようとします。

git merge master

3. コード修正

コンフリクトが生じている場合はマージした後、どこのファイルにコンフリクトがあるのかを教えてくれるので修正に向かいましょう!

4. push

修正が完了したら後はお馴染みの流れ。

git add .
git commit -m "コンフリクト解消"
git push

必要に応じて、プルリクエストを更新したら、、、

You are all set!

SOTD(Summary of the Day)

普段からブラウザ上で作業をしていると、利用するサービスや環境が変わった時に作業に時間がかかってしまうということもあると思います。いざというときのためにGitのコマンドラインで作業ができるようにしておくとパフォーマンスを一定に保つことができていいなと思いました。というか普通にGitのコマンドライン操作が使いやすかったので今後もどんどんGitを覚えていきます。

Gitの素晴らしさを教えてくれてありがとう、Bitbucket

Discussion

ログインするとコメントできます