🍃

MongoDB基礎1:MongoDBとは?

2021/10/04に公開約1,100字

先日参加したMongoDBのQ&Aセッションで、MongoDBについてのオンラインコース(英語)が全て無料で見ることができるサイトがあることを知りました。

その名も、MongoDB University。。。

https://university.mongodb.com/

しばらく離れていた記事投稿のリハビリにちょうどいいかも!と思ったので、オンラインコースの要点をまとめていこうと思います。

まずは一番最初のコース、"MongoDB基礎"から

MongoDBとは?

MongoDBはNoSQLデータベース

NoSQL(Not Only SQL)はリレーショナルテーブルを用いないデータベースの呼称で、MongoDBはこの中でもNoSQLドキュメントデータベースに分類される。

MongoDBにおいて、データはドキュメントとして保存され、ドキュメントが積み重なったものをコレクションと呼ぶ。

ドキュメントとは?

ドキュメントとは、フィールド&バリューのペアの集合としてデータを整理・保存する方法の事。

{
  <フィールド> : <バリュー>,
  "name" : "mongo",
  "age" : 28
}

上記の例では、コロンの左がフィールド、右がバリューにあたる。(まるでjson)

MongoDB Atlasとは?

MongoDB AtlasはDBaaS

DBaaS(DataBase as a Service)とは、オンラインでデータベースを提供するクラウドサービスの事。AtlasはMongoDBとそれに関わる機能を提供するクラウドサービス。

ここでは主に三つのキーワードがある。

  • クラスター
  • レプリカセット
  • インスタンス
クラスター : データを格納しているサーバーのグループ。
レプリカセット : 同じデータを格納している三つのインスタンス。
インスタンス : クラウド上で動作しているMongoDB。

まとめ

  • MongoDBはNoSQLデータベースの中でも、NoSQLドキュメントデータベースという分類のデータベース
  • NoSQLドキュメントデータベースでは、json形式のようにフィールドとバリューのペアの集合を単位として扱っている
  • MongoDB Atlasを使えば、クラスターをデプロイできるし、レプリカセットという仕組みのおかげでリスクヘッジが取れる。

Discussion

ログインするとコメントできます