🐧

Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)でRailsを動かす

1 min read

10日ぶりの記事投稿です!
今日から、平日毎日投稿習慣を再開します。

RailsアプリをEC2で起動するまでのステップ

  1. yumコマンド(UNIX系のPackage Manager)
  2. yarnインストール(JavascriptのPackage Manager)
  3. rbenv&ruby-buildインストール
  4. rubyインストール

yumコマンド

yumはUNIX系でのソフトウェアのアップデートを管理してくれます。

まずEC2にログインした状態で

$ sudo yum -y update

その後以下のコマンド(環境構築に必要なコマンド)を実行。

$ sudo yum  -y install git make gcc-c++ patch libyaml-devel libffi-devel libicu-devel zlib-devel readline-devel libxml2-devel libxslt-devel ImageMagick ImageMagick-devel openssl-devel libcurl libcurl-devel curl

yarnインストール

yarnはRailsにおけるJavascriptのパッケージマネージャー。

$ sudo yum -y install wget
$ sudo wget https://dl.yarnpkg.com/rpm/yarn.repo -O /etc/yum.repos.d/yarn.repo
$ sudo yum -y install yarn

rbenv&ruby-buildインストール

# ①rbenvのインストール
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv 

# ②どこからでもアプリを呼び出せるようにする
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile 
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

# ④.bash_profileの読み込み
$ source .bash_profile

# ⑤ruby-buildのインストール
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

# ⑥gemのコマンドを使えるようにする
$ rbenv rehash  

rubyインストール

# Rubyのバージョン部分はアプリのバージョンに合わせて実行
[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ rbenv install 2.6.5

# EC2インスタンス内で使用するRubyのバージョンを決める
[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ rbenv global 2.6.5

# rehashを行う
[ec2-user@ip-172-31-25-189 ~]$ rbenv rehash  

SOTD

rbenvrehashって何をしているんだっけ?というところから以下の記事を発見。

http://dqn.sakusakutto.jp/2014/02/rbenv_rehash_what_it_does.html

とても参考になりました。
環境構築に関するコマンドは機械的に実行しがちだけどそれぞれにちゃんと意味があるよなぁと感心。

今日の学びです。

Discussion

ログインするとコメントできます