🕌

developブランチ以外のブランチから切ってpushするまで

1 min read 3

この記事を書いて、もっとスマートなやり方を教えてくださった方がいました。

git checkout -b [new branch name] [source branch name]

その方の解説によりますと、「第2引数で指定したブランチから切り分けて第1引数の名前の新しいブランチを作成する」とのことです。

これで万事解決。以下の記事は読まなくていいですw
ただこうやって独学で学んだことを発信することで、もっといいやり方を知れることもあるんですね。
これからはもっと発信していきたいと思いました。
教えてくださった方、本当にありがとうございました!!!!!!!

今開発しているアプリでは主にdevelopからブランチを切って開発しています。
ただマルチログインした側の実装で、developではなくfeature/authority-projectというブランチから切る必要がありました。
少々手間取ったので、備忘録として書いています。

developブランチ以外のブランチから切ってpushするまでの手順

まずコマンドで、git remote set-head origin feature/authority-project

git branch -a で

remotes/origin/HEAD -> origin/feature/authority-project
になっているか確認。

feature/authority-projectからブランチを切る。実装してpush

ローカルにoriginブランチがない時にリジェクトエラー(hintが4つ)が出た時は、リモートのブランチを削除してからpushする。

git push --delete origin branch_name

これで無事pushでき、origin/branch_nameも自動生成されるはず。

developブランチ以外のブランチから切ってpushするのが初めてで、origin/branch_nameがローカルのbranch_nameより後ろにきてしまいリジェクトされたり少々手間取りました。リジェクトを回避するためにgit reset origin/branch_name してもorigin/developの位置にブランチごと移動してしまいますしw
ただまた少しだけgitの理解が深まった気がします。

Discussion

ログインするとコメントできます