🔑

Mac が覚えている GitHub のパスワードをパーソナルアクセストークンに変更する

1 min read 1

2021/08/13 ( 時間不明 ) に GitHub はパスワードで push / pull ができなくなったんですね?

全然知りませんでした、すげービビりました。

$ git push origin foo
Support for password authentication was removed on August 13, 2021. Please use a personal access token instead.
remote: Please see https://github.blog/2020-12-15-token-authentication-requirements-for-git-operations/ for more information.
fatal: unable to access 'https://john-doe@github.com/john-doe/foo-repository.git/': The requested URL returned error: 403

Personal Access Token ( PAT ) でアクセスしてねって言われている気がするので「あぁ私物アカウントはパスワードだったんだっけ...」とか思いながら PAT 生成をしました。

生成は GitHub の自分の SettingsDeveloper settingsPersonal access tokens です。ぽちぽちやれば画面に出ます。もしくは ↓ から。

https://github.com/settings/tokens

で、できた PAT をどうするか...

Mac を使っている場合、毎回ターミナルで push / pull をするときにパスワードを打っていない人は、おそらく キーチェーンアクセス.app が覚えています。

アプリケーションユーティリティ から探すとか Spotlight 検索とかで開きましょう。

github で探すといくつか覚えている情報がヒットするので、インターネットパスワード を選びましょう。( ブラウザはパスワードでアクセスできます。)

僕の場合は gist の読み書きも gist コマンドでやっているので、そちらもついでに新しい PAT にしておきました。

これでいつも通り push / pull できるようになります。

$ git push origin foo
bla bla bla

ちょっとびっくりした + PAT をどこから指定すれば良いかちょっと戸惑ったので、メモでした。

参考

https://docs.github.com/ja/github/getting-started-with-github/getting-started-with-git/updating-credentials-from-the-macos-keychain

Discussion

Helps me a lot! Thank you so much!

ログインするとコメントできます