【Office365】「Office365 E3」の無料試用版への登録~セットアップ

3 min read読了の目安(約3200字

はじめに

Office365 E3の無料試用版への登録方法をアウトプットしたいと思います。

Office365とは??

最新のグループウェアサービスと最新のデスクトップアプリケーション(Microsoft Office)をセットで利用できる法人向けサービス。

使用できるサービス(抜粋)

SharePoint Online

プロジェクト単位でポータルサイトを作成し、情報やファイルの共有や管理をするサービス。
コンテンツ管理やワークフローの機能もある。

Microsoft Teams

チャットツール。チーム内でコミュニケーションを取るために使用する。
ファイル共有や通話も可能。

Planner

タスク管理ツール。チームの作業を整理し円滑に進行できるようにする。

OneDrive for Business

クラウド上での大容量ストレージサービス。
※Office365 E3では、初期容量としてユーザー1人あたり5TBが割り当てられる。
追加で必要になる場合は、Microsoftサポートにリクエスト。

OneNote

メモやノートを簡単に作成できるアプリ。
自動保存されるため、いちいち保存する必要がない。
メンバーとの同期や共有も可能。

Exchange Online

メールサービスとして、スケジュール管理やアドレス帳の機能がある。

Microsoft Office

ブラウザ上でExcel/PowerPoint/Wordを使用できる。
PCにアプリケーションをインストールすることも可能。

今回実施すること

  • 1.Office365 E3登録
  • 2.Office365 E3セットアップ

1.Office365 E3登録

1.以下リンクを開き、「Office365 E3」の「無料で試す」をクリック。

Office365プラン

2.アカウントのセットアップ画面が表示される。
任意のメールアドレスを入力し、「次へ」をクリック。

3.「アカウントのセットアップ」をクリック。

4.必要事項を入力し、「次へ」をクリック。

※会社名は「個人」でOK

5.「自分にテキストメッセージを送信(SMS認証)」にチェックを入れ、電話番号を入力。その後、「確認コードを送信」をクリック。

6.携帯電話に届いた確認コードを入力し、「確認」をクリック。

7.任意のドメイン名を入力し、「次へ」をクリック。

8.「ユーザー名」「パスワード」を入力し、「サインアップ」をクリック。

※パスワードは、必ず控えておく。
※メール受信の箇所は、任意でチェックを入れる。

9.ユーザーIDを控えた後に、「セットアップに移動」をクリック。

2.Office365 E3セットアップ

1.Officeのインストールの画面が表示されるが、そのまま「続行」をクリック。

2.「いいえ、差し当たり既定のドメイン~~~」にチェックを入れ、「このドメインを使用する」をクリック。

※ドメイン連携は、別で記事を書く予定です。

3.ユーザー追加の画面が表示されるが、そのまま「後で行う」をクリック。

4.「お使いのドメインにはどの方法で接続しますか?」と表示される。そのまま「続行」をクリック。

5.Microsoft Teamsの説明が表示される。そのまま「続行」をクリック。

6.「セットアップが完了しました。」と表示されるので、「管理センターに移動」をクリック。

7.Microsoft365管理センターが表示される。

最後に

Office365 E3の無料試用版への登録~セットアップまで解説しました。
今度、お名前ドットコムの購入したドメインを使用した連携方法についても記事を書いてみたいと思います。

参考

Microsoft365(Office365)とは?Office2019との違いや選び方をわかりやすく解説!