🙆

プロキシサーバとは?プロキシの違いについてもご紹介

1 min read

はじめに

業務でプロキシについて触れることがあったので、本記事にてご紹介していきたいと思います。

プロキシサーバとは?

プロキシとは、英語で「代理」という意味。
インターネットに直接接続できないコンピューターに代わり、インターネットに接続し、Webサイトへのアクセスなどを行うサーバーのことになります。

各プロキシについてご紹介

以下の各プロキシについてご紹介していきます。

  • フォワードプロキシ
  • リバースプロキシ

フォワードプロキシ

フォワードプロキシとは、クライアントとWebサーバの間のクライアント側に位置し、クライアントの要求を代理してWebサーバにアクセスするプロキシになります。

リバースプロキシ

リバースプロキシとは、クライアントとWebサーバの間のWebサーバ側に位置し、Webサーバの代理でクライアントの要求を受け付けるプロキシになります。
※以下の画像のように、DMZ内に設置されるのが一般的になります。

各プロキシの役割の違い

プロキシ リバースプロキシ
役割 社内LANからインターネットへの接続を中継 外部インターネットからサーバーへの接続を中継
目的 組織なユーザーの利便性やセキュリティの向上 外部公開サーバーのパフォーマンス向上
利点 キャッシュによる高速表示
フィルタリング
ウイルス対策
匿名性の確保
サーバー統合
負荷分散
キャッシュ
SSL高速化
実現方法 プロキシサーバーの設置
ユーザーのブラウザー設定
リバースプロキシサーバーの設置

代表的なプロキシサーバ

  • apache
  • nginx
  • Squid
  • HAPloxy

さいごに

今回はざっくりとフォワードプロキシとリバースプロキシの違いについてご紹介しました。
次回以降にはなりますが、実際にnginx等のOSSのソフトウェアを用いて、プロキシを構築する手順をアウトプットしたいと思います。

参考記事

リバースプロキシとプロキシの違いとは?それぞれのサーバーの仕組みは?
2.10 プロキシ機能
WEBプロキシとは? 仕組みや機能・メリットについて解説
プロキシ/ロードバランサOSS比較18選

Discussion

ログインするとコメントできます