😺

メールサーバーの機能とは?

1 min read

はじめに

4月以降にメール基盤に携わることになりそうなため、メール製品についてアウトプットしていきたいと思います。

そもそもメールサーバーとは?

  • メールを送受信するための役割を担うサーバー
  • DNSサーバーを通じて相手のIPアドレスを割り出してから届けられる

メールの全体像

1.端末から送信したメールは、送信者側のメールサーバーに届く。

2.受信者を照合するサーバーで、受信者のIPアドレス(ウェブ上の住所)を割り当てる

3.正しい送信先であると確認されたら、受信者側のメールサーバーに転送

4.受信者側のメールサーバーに届いたら、新着メールとして端末に受信

メールサーバーの種類

メールサーバーの種類について解説していきたいと思います。

  • SMTPサーバー
  • DNSサーバー
  • POP3サーバー
  • IMAPサーバー

SMTPサーバー

SMTPサーバーとは、「送信の役割を担うサーバー」です。

【SMTPサーバーの役割】
①メーラーからメールを受け取る。
②宛先のメールアドレスから、相手側のメールサーバーを見つけてメールを転送する。

DNSサーバー

DNSサーバーとは、「宛先照合の役割を担うサーバー」です。

【DNSサーバーの役割】
①SMTPサーバーからメールを受け取り、送信先の住所(IPアドレス)を割り出す。
②正しい宛先と確認できた場合は、SMTPサーバーに結果を返す。

POP3サーバー

POP3とは、「受信の役割を担うサーバー」です。

【特徴】
・SMTPサーバーから届いたメールを、メールアドレスごとにローカル管理する。
・ユーザーは任意のタイミングでメールボックスからメールを引き出し、端末へダウンロードする。
・サーバーに接続できないオフラインの状態でもメールを見ることができる。

IMAPサーバー

IMAPとは、POP3同様に「受信の役割を担うサーバー」です。

【特徴】
・サーバー上でメールを管理(POP3はローカルにて管理)
・複数の端末で、同じサーバー上のメールを確認できる。
・メールデータの移行作業は不要(サーバー上にメールデータが保存されているため)

参考

【初心者向け】メールサーバーの仕組みを徹底解説
SMTP/POP -メールのしくみ-

Discussion

ログインするとコメントできます