【GCP】GCE構築(WindowsServer2019)~IIS導入迄の流れ(WEBサーバー)

7 min read読了の目安(約7000字

はじめに

GCPにてGCE(WindowsServer2019)を構築するところからIIS導入迄の流れをアウトプットしたいと思います。
WEBページが表示されることがゴールになります。

構成図

GCE(CentOS7)のスペック

項目 設定
VM名 testwin01
シリーズ E2
マシンタイプ e2.medium
OS Windows Server 2019 Datacenter
vCPU 2
メモリ(GB) 4
ブートディスク 50GB

前提

  • GCPの通常版を使用
  • 学習用にVMを立てることを前提にしている

※無料トライアルではWindowsServer構築不可のため、通常版を使用。

作業の流れ

①GCE作成
②OS日本語化
③IISインストール・確認
④後始末

作業手順

①GCE作成

1.「Compute Engine」→「VMインスタンス」とクリックする。

2.「VMインスタンス」→「インスタンスを作成」とクリックする。

3.「新規VMインスタンス」を選択し、以下のように入力する。

※VM名は、testwin01です。

4.マシンの構成は、以下のようにする。

5.ブートディスクの箇所にて「変更」をクリックする。

6.以下のように入力し、「選択」をクリックする。

項目 設定
オペレーティングシステム Windows Server
バージョン Windows Server 2019 Datacenter
ブートディスクの種類 標準の永続ディスク
サイズ(GB) 50

7.HTTPとHTTPSのトラフィックを許可し、「作成」をクリックする。

8.インスタンスが作成されると、緑色の✔マークが表示される。

9.接続の部分より「Windowsパスワードを設定」をクリックする。

10.新しいWindowsパスワードの設定の画面より任意のユーザー名を入力し、「設定」をクリックする。

11.ログインパスワードが表示されるため控える。控えた後に「閉じる」をクリックする。

12.設定したWindowsアカウントを使用して、リモートデスクトップ接続を実施。

13.以下のようにWindowsデスクトップが表示されることを確認。

※ネットワークの設定について確認されるので、「No」をクリックする。

②OS日本語化

1.スタートボタンをクリックし、設定をクリックする。

2.「Time&Language」をクリックする。

3.「Language」をクリックし、「Add a language」をクリックする。

4.「japanese」と検索し、「日本語」を選択。その後に「Next」をクリックする。

5.全てに✔を入れ、「Install」をクリックする。

6.「日本語」のインストールが開始されるので待つ。

6.「日本語」のインストールが完了すると、以下のようになる。

※オプション画面にて詳細を確認することができる。

7.「Region」を選択し、「Japan」に設定する。

8.「Language」に選択し、「Administrative language settings」をクリックする。

9.「Administrative」タブを選択し、「Copy settings」をクリックする。

10.全てに✔を入れ、「OK」をクリックする。

11.「Restart now」をクリックする。

※GCEの場合は再起動がかからないため、手動で再起動を実施する。

12.再起動後に再度リモートデスクトップ接続を実施し、デスクトップ画面が日本語になっていることを確認する。

13.サーバーマネージャーよりタイムゾーンをクリックする。

※GCEの場合は、サーバーマネージャーからタイムゾーンを設定する必要があります。

14.「タイムゾーンの変更」をクリックする。

15.タイムゾーンを日本に設定し、「OK」をクリックする。

16.タイムゾーンが変更されたことを確認し、「OK」をクリックする。

17.時間が日本時間になっていることを確認する。

③IISインストール・確認

1.サーバーマネージャーより「管理」→「役割と機能の追加」をクリックする。

2.役割と機能の追加ウィザードが開かれるので、そのまま「次へ」をクリックする。

3.「役割ベースまたは機能ベースのインストール」に✔を入れ、「次へ」をクリックする。

4.そのまま「次へ」をクリックする。

5.サーバーの役割の選択の画面にて、「Webサーバー(IIS)」に✔を入れる。

6.「機能の追加」をクリックする。

7.「Webサーバー(IIS)」に✔が入っていることを確認し、「次へ」をクリックする。

8.そのまま「次へ」をクリックする。

9.そのまま「次へ」をクリックする。

10.そのまま「次へ」をクリックする。

11.内容を確認し、「インストール」をクリックする。

12.インストールが完了したことを確認し、「閉じる」をクリックする。

リモートデスクトップ接続も閉じる。

13.PCのブラウザ画面にて外部IPアドレスを入力。以下のような画面が表示されることを確認する。

④後始末

1.対象のインスタンスを選択し、「削除」をクリックする。

2.VM削除の確認画面が表示されるため、「削除」をクリックする。

さいごに

今回は、GCPにてWindowsServer2019を立てるところから、IISを導入してWEBサーバーを構築する迄実施しました。
何か参考になれば幸いです。