🐈

【監視】システムログにエラーログを書き込む方法(Windows/Linux)

1 min read

はじめに

今回は、監視のアラート発報テストをする際に使用するシステムログにエラーログを書き込む方法についてアウトプットをします。

今回使用するサーバ

項目 内容
Windows Microsoft Windows Server 2016 Standard Evaluation
Linux CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)

WindowsServerの場合

PowerShellにて以下コマンドを実行

エラー

イベントID:100のエラーメッセージをシステムログに表示させる。

コマンド
Write-EventLog -LogName System -Source EventLog -EventID 100 -EntryType Error -Message "computer error!!"

警告

イベントID:100の警告メッセージをシステムログに表示させる。

コマンド
Write-EventLog -LogName System -Source EventLog -EventID 100 -EntryType Warning -Message "computer warning!!"

Linuxの場合

Errorが発生している旨、「/var/log/messages」に書き込む。

コマンド
logger -p user.err -t ERROR "プログラムでエラーが発生しました"
/var/log/messages出力例
[root@testlinux01 ~]# tail -1 /var/log/messages
Aug  1 10:19:01 testlinux01 ERROR[9310]: プログラムでエラーが発 生しました
[root@testlinux01 ~]#

参考

【 Write-EventLog 】コマンドレット――Windowsのイベントをログに記録する
【Linux】ログ出力

Discussion

ログインするとコメントできます