💨

【AWS】MacOSにてAWSCLIを利用できるようにする。

4 min read

はじめに

MacOSにてAWSCLIを利用できるようにする方法をアウトプットします。

前提条件

  • インターネットに接続可能
  • 今回はMacOSを使用
  • AWSに既に登録している。
  • MacOSの全てのユーザーにAWSCLIをインストールする。

事前準備

以下手順に従い、IAMユーザーを作成する。

IAMユーザー作成

1.AWSマネジメントコンソールより「IAM」を開く。

2.IAMダッシュボードの左メニューより「ユーザー」をクリックする。

3.「ユーザーを追加」をクリックする。

4.任意のユーザー名を入力する。

5.「AWSアクセスの種類を選択」を以下のように設定し、「次のステップ:アクセス権限」をクリックする。

6.「ユーザーをグループに追加」をクリックし、「Administrators」を選択。「次のステップ:タグ」をクリックする。

※本番運用で使用する場合は、適切な権限を設定する。

7.タグは特に設定せず、「次のステップ:確認」をクリックする。

8.設定に問題がないか確認し、「ユーザーの作成」をクリックする。

9.アカウント情報が表示されるため、以下を控える。

  • ユーザー
  • URL
  • アクセスキーID
  • シークレットアクセスキー

※「.csvのダウンロード」をクリックすると、上記の情報が記載されたcsvをダウンロードできる。
※アカウント情報を控えるタイミングは、こちらのみのため必ず控えておく、

10.ユーザー一覧にて、ユーザーが作成されていることを確認する。

11.AWSのログアウトを実施し、控えたURLにアクセス。新規作成したユーザー情報でログインできることを確認する。

AWSCLI導入

1.MacOSのターミナルを起動し、rootユーザーにスイッチする*

コマンド
sudo -i

※パスワードが要求されるので、rootユーザーのパスワードを入力する。

2.AWSCLIのパッケージをダウンロードする。

コマンド
curl "https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.pkg" -o "AWSCLIV2.pkg"
コマンド実行例
satsuton:~ root# curl "https://awscli.amazonaws.com/AWSCLIV2.pkg" -o "AWSCLIV2.pkg"
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100 25.6M  100 25.6M    0     0  4963k      0  0:00:05  0:00:05 --:--:-- 5778k
satsuton:~ root#

3.ダウンロードしたAWSCLIをインストールする。

コマンド
installer -pkg AWSCLIV2.pkg -target /
コマンド実行例
satsuton:~ root# installer -pkg AWSCLIV2.pkg -target /
installer: Package name is AWS Command Line Interface
installer: Installing at base path /
installer: The install was successful.
satsuton:~ root#

4.AWSCLIがインストールされたことを確認する。

コマンド
aws --version
コマンド実行例
satsuton:~ root# aws --version
aws-cli/2.2.46 Python/3.8.8 Darwin/20.6.0 exe/x86_64 prompt/off
satsuton:~ root#

AWSCLI接続確認

本記事で作成したアカウント「zero」にて接続できるか確認する。

1.以下コマンドを実行する。

コマンド
aws configure

実行した場合、以下が要求されるため入力する。

項目 入力内容 備考
AWS Access Key ID AKI****************** 先程控えたアクセスキーID
AWS Secret Access Key aa********************** 先程控えたシークレットアクセスキー
Default region name ap-northeast-1 リージョン(東京:ap-northeast-1)
Default output format text "text","JSON","table"のどれかを指定(今回はtext)
実行例
satton@satsuton ~ % aws configure
AWS Access Key ID [****************KQMD]: AKI******************
AWS Secret Access Key [****************hAIY]: aa*********************
Default region name [None]: ap-northeast-1
Default output format [None]: text
satton@satsuton ~ %

2.AWS上に存在するリソースを確認することができるか確認。

※今回はS3を確認。

コマンド
aws s3 ls
コマンド実行例
satton@satsuton ~ % aws s3 ls
2020-06-08 07:41:54 infra-backet01
satton@satsuton ~ %

参考

Mac OSXでaws cliを利用する準備
macOS での AWS CLI バージョン 2 のインストール、更新、アンインストール
AWS CLIのインストールから初期設定メモ

Discussion

ログインするとコメントできます