🐡

【Docker】Dockerに1発でZabbixマネージャーを立てる。

5 min read

はじめに

Docker環境の上に1コマンドでZabbixマネージャーを立てるまでの流れをアウトプットしたいと思います。
※詳しい設定の解説等はないです。

構成図

仮想マシンのスペック

項目 設定
VM名 terraform-sv
OS CentOS Linux release 7.6.1810 (Core)
vCPU 2
メモリ(GB) 2
ブートディスク 50GB

※最低限の構成ではありません。

前提

Docker環境構築済みの状態

※以下手順の続きになります。
【Docker】CentOS7.6にDocker環境を構築してみた。

作業の流れ

①「zabbix-appliance」コンテナを立てる
②Zabbixマネージャーログイン確認

作業手順

①「zabbix-appliance」コンテナを立てる

1.「zabbix-appliance」コンテナを立てる。

※タグは「latest」で実施。

コマンド
docker run --name zabbix-appliance -t -p 10051:10051 -p 80:80 -p 443:443 -d zabbix/zabbix-appliance:latest

DockerHubからのイメージのダウンロード処理&コンテナ起動処理が走る。

実行例
[root@terraform-sv ~]# docker run --name zabbix-appliance -t -p 10051:10051 -p 80:80 -p 443:443 -d zabbix/zabbix-appliance:latest
Unable to find image 'zabbix/zabbix-appliance:latest' locally
latest: Pulling from zabbix/zabbix-appliance
4167d3e14976: Pull complete
63cbbe4e0961: Pull complete
1574aaacb959: Pull complete
2267246656b0: Pull complete
6beaad4ba6d2: Pull complete
62c88fa953a8: Pull complete
07c3e2214ad8: Pull complete
5fdaaee0a35b: Pull complete
f9c2b81f504f: Pull complete
a1e53750d5df: Pull complete
36470f08a3ed: Pull complete
652dd2050bb2: Pull complete
0d21d056e6d6: Pull complete
Digest: sha256:b8f66c17f3a7e6d10b1c16cbaa0106f8427096cfa0e8f91e4bf63667975cb636
Status: Downloaded newer image for zabbix/zabbix-appliance:latest
1f7b342f06db6378191993aec4917629a3f2f9e4e1a1abdb7d9b69a9a338c229
[root@terraform-sv ~]#

2.「zabbix-appliance」が起動していることを確認。

コマンド
docker ps
実行例
[root@terraform-sv ~]# docker ps
CONTAINER ID   IMAGE                            COMMAND                  CREATED              STATUS              PORTS                                                                                                                     NAMES
1f7b342f06db   zabbix/zabbix-appliance:latest   "/sbin/tini -- /usr/…"   About a minute ago   Up About a minute   0.0.0.0:80->80/tcp, :::80->80/tcp, 0.0.0.0:443->443/tcp, :::443->443/tcp, 0.0.0.0:10051->10051/tcp, :::10051->10051/tcp   zabbix-appliance
[root@terraform-sv ~]#

②Zabbixマネージャーログイン確認

1.ホストOSにてZabbixマネージャーへアクセス

仮想マシンのIPアドレス:80にてアクセス可能です。
例)192.168.2.100:80

2.Zabbixマネージャーへログイン

  • Zabbixマネージャーへログイン

初期アカウントは以下になります。
Admin/zabbix

  • Zabbixマネージャーの画面が表示されることを確認。

※Zabbix Serverのバージョン確認方法

1.「zabbix-appliance」へログイン

  • コンテナIDを調べる。
コマンド
docker ps
実行例
[root@terraform-sv ~]# docker ps
CONTAINER ID   IMAGE                            COMMAND                  CREATED         STATUS         PORTS                                                                                                                     NAMES
d1b55c85a9f8   zabbix/zabbix-appliance:latest   "/sbin/tini -- /usr/…"   6 minutes ago   Up 6 minutes   0.0.0.0:80->80/tcp, :::80->80/tcp, 0.0.0.0:443->443/tcp, :::443->443/tcp, 0.0.0.0:10051->10051/tcp, :::10051->10051/tcp   zabbix-appliance
[root@terraform-sv ~]#

→実行例のコンテナIDは、d1b55c85a9f8になります。

  • コンテナへログイン
コマンド
docker exec -it <コンテナID> /bin/bash
実行例
[root@terraform-sv ~]# docker exec -it d1b55c85a9f8 /bin/bash
bash-5.0#

2.Zabbix Serverのバージョン確認

  • Zabbix Serverのバージョン確認
コマンド
zabbix_server -V
実行例
bash-5.0# zabbix_server -V
zabbix_server (Zabbix) 4.4.6
Revision 8cc7024 21 February 2020, compilation time: Feb 21 2020 14:40:10

Copyright (C) 2020 Zabbix SIA
License GPLv2+: GNU GPL version 2 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it according to
the license. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

This product includes software developed by the OpenSSL Project
for use in the OpenSSL Toolkit (http://www.openssl.org/).

Compiled with OpenSSL 1.1.1d  10 Sep 2019
Running with OpenSSL 1.1.1d  10 Sep 2019
bash-5.0#

→実行例のZabbix Serverのバージョンは4.4.6になります。

  • コンテナから抜ける。
コマンド
exit
実行例
bash-5.0# exit
exit
[root@terraform-sv ~]#

参考

Zabbix 5.0 LTSをコマンド2つで構築する
バージョンの確認方法 - Zabbix - ネットワークエンジニア魂

Discussion

ログインするとコメントできます