🐥

【ExchangeServer2016】仮想ディレクトリとは?

1 min read

はじめに

ExchangeServer2016のExchange管理センターにある「仮想ディレクトリ」についてアウトプットします。

仮想ディレクトリとは?

  • Exchange Server 2016のメールボックスサーバーの役割をインストールすると、IISの既定のWebサイトに作成されるディレクトリ
  • 多くのクライアントアクセスの機能が実装されている。

仮想ディレクトリにて構成する項目

外部URL

インターネットからWebサイトにアクセスするために使用するURL
※既定では外部URLは設定されていない。

内部URL

内部ネットワークからWebサイトにアクセスするために使用するURL
※ExchangeServer2016のインストール時に自動的に構成される。

認証

クライアントの認証方法を指定

仮想ディレクトリ上のサービス

サービス 説明
AutoDiscover Outlook が接続先サーバーの構成情報を取得するために使用する機能
ecp Exchange管理センター(EAC)
EWS Exchange Web Servicesの略。外部のソフトウェアからExchange Serverにアクセスして、メールや連絡先、カレンダーなどの内容を読み取ったり編集したりすることができるプログラミングインターフェース(API)
mapi 電子メールなどのメッセージの送受信や管理などの機能にアクセスするためのAPI
Microsoft-Server-ActiveSync ユーザーが自分のExchangeメールボックスをモバイル デバイスさせるクライアントプロトコル
OAB Outlook ユーザーが Exchange Online から切断していてもアクセスできるダウンロード可能なアドレス一覧コレクション
OWA Outlook on the web(Webメールサービス)
PowerShell ExchangeのPowerShell?(情報見つからず)

参考

仮想ディレクトリの管理
Exchange Web Services 【EWS】 EWS Managed API / Exchange Webサービス
MAPI 【Messaging API】
メールボックスへのアクセスExchange ActiveSync有効または無効にするExchange Server
Exchange Online のオフライン アドレス帳

Discussion

ログインするとコメントできます