🦁

AWSでサーバーを構築してみる~WordPressのインストール~

2021/01/25に公開約1,800字

はじめに

くーばねてすをやっつけるためにこれまでにLinuxさんと仲良くさせていただいたが、新たなステージに上がるためについにAWSさんに会いに行くことにした。AWSさんと仲良くなることでLinuxさんのファイルシステムだけでなく、インターネットの仕組みの理解につながると思い勉強する。今回はその第1歩としてAWSを使ってWordPressでブログシステムを構築しようと思う。
ここまで作成することができた!

インスタンスをWebサーバーにするためにApacheとWordPressとデータベースとしてMariaDBをインストールしようと思う。今回はWordPressのインストールをする。

概要

■WordPressのインストールをする

をまとめた!

■WordPressをインストールをする

WordPressをインストールするに準備がいくつか必要になる。
↓WordPressのインストール手順↓
①最新版のPHPをインストールする。
②ライブラリのインストールをする。
③WordPressのソースファイルをダウンロードする
④WordPressの展開とインストール

やってみる!(+o+)

①最新版のPHPをインストールする。

WordPressを使うのはPHPをインストールする必要がある。
WordPressの最新版はPHPの5.6.20以降でしか動作しないので、それ以降のバージョンをインストールする。

phpインストール
$ sudo amazon-linux-extras install php7.3

②ライブラリのインストールをする。

※ライブラリとは汎用性の高い複数のプログラムを再利用可能な形でひとまとまりにしたもの。
WordPressを使うにはPHPとPHPのライブラリが必要になる。
phpのライブラリをインストールする

phpのライブラリをインストール
$ sudo yum install php php-mbstring

③WordPressのソースファイルをダウンロードする

WordPressは提供元のサイトからソースファイルをダウンロードするのでyumコマンドは使わない。
 wget コマンドを使用する。

最新版WordPressをインストールする
$ cd ~   ※ホームディレクトリへ行ってから
$ wget https://wordpress.org/latest.tar.gz

④WordPressの展開とインストール

ここから展開とインストール(+o+)。
ソースファイルを展開する。

ソースファイルを展開する
$ tar -xzvf latest.tar.gz

展開するとWordPressディレクトリが作成されている。
WordPressディレクトリに移動する。

$ cd wordpress/

ApacheからわかりやすいようにWordPressプログラムを同じディレクトリから実行できるようにする。Apacheはデフォルトでは/var/www/html/ディレクトリだ。

WordPressプログラムをApacheディレクトリにコピーする
$ sudo cp -r wordpress/* /var/www/html/

WordPressのでは、Apache ドキュメントルートへの書き込み権限が必要なものもある。
なのでApache (httpd) プロセスが /var/www/ に書き込めるようにする。
ファイルの所有者やグループを変更するにはchownコマンドを使う。
※ドキュメントルートとは、Webサーバが外部に公開するファイルなどが置かれたディレクトリ。 そのディレクトリにあるファイルと、下の階層にあるファイルやディレクトリが公開される。

Apacheが書き込めるようにする。
$ sudo chown -R apache:apache /var/www/html

まとめ

WordPressのインストールができた(+o+)

Discussion

ログインするとコメントできます