😓

Lambda関数の実行内容の設定をする②

1 min read

はじめに

node.jsを使ってAWS LambdaでAPIを作りたいのでセットアップやnode.jsで関数を定義する方法を勉強する。

概要

■コードの設定

についてまとめた!(^_-)-☆

■コードの設定

次はLambda関数を作成していきたい('_')。
この画面での操作になる。ここでは 関数が表示され、関数のテスト、結果の検証、ログの確認ができる。

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/lambda-java.html
ここでindex.jsに実行したい関数を入力する。
関数を入力したら右上の「テスト」をクリックして関数の実行テストの内容を確認してテスト内容を保存する。

■ランタイム 、ハンドラー

ランタイムは設定する関数のコードの記述形式なのでデフォルトでOK。
ハンドラーは設定することで、どのハンドラメソッドを呼び出すかをLambdaランタイムに伝えることができる。デフォルトででOK。

■コード署名設定

コード署名を使用すると、コードが承認されたソースによって署名されており、署名後に変更されていないこと、コード署名の有効期限が切れていないことや取り消されていないことを証明することができる。

■環境変数

Lambda で実行環境に設定するキーと値のペア。コードを使用せずに関数の設定を拡張するには、環境変数を使用する。Lambda関数内で使える環境変数。

まとめ

もしかしたらLambda関数を使用するかもしれないのでMemoとして簡単にまとめた。
今回はテストとか検証をしていないのでふんわりだけどざっくりと概要はわかったと思う。

Discussion

ログインするとコメントできます