📘

プログラミングでのAPTとは、、

2021/04/22に公開

APTとは、Linuxでソフトウェアの導入や管理、削除に用いられるパッ毛p時管理システムの一つ。またそれを操作するコマンド(apt).Debian系ディストリビューションで標準的に使われていう。

APTは、インターネット上のリポジトリ(集積場所)などで公開されているソフトウェアをパッケージ単位で導入・更新・削除することができる。関連する様々な作業をまとめて自動的に実行してくれるため、利用者が明示的に個々のステップを指示する必要はない。
例えば、あるパッケージを導入するためには「apt install パッケージ名」というコマンドを入力するだけで、インターネットからのファイルのダウンロードやソースコードのコンパイル、実行可能ファイルの作成・配置などを全て行ってくれる。

その際、そのパッケージが依存している別のパッケージがある場合には、これも、自動的に探してきてインストールしてくれる。パッケージの更新や削除に関しても同様である。
ディストリビューションを丸ごとアップグレードする機能もある。

ー インターネット上のリポジトリ(集積場所)などで公開されているソフトウェアをパッケージ単位で導入・更新・削除できる。
ー 関連する様々な作業をまとめて自動的に実行してくれる。
ー 「apt isntall パッケージ名」というコマンドを入力するだけで、インターネットからのファイルのダウンロードやソースコードのコンパイル、実行可能ファイルの作成・配置などを、全て行ってくれる。
ー パッケージが依存している別のパッケージがある場合には自動的に探してきてインストールしてくれる。
ー パッケージの更新や削除に関しても同様、ディストリビューションを丸ごとアップグレードする機能もある。

もともとDebianのパッケージ管理システムとして「dpkg」が使われていたが、これをより使いやすくするためのフロントエンドとしてAPTが誕生した。
dpkgと同じくdeb形式のパッケージに対応する。現在では、aptのコマンド体系でRAM形式でパッケージを扱えるようにする「apt-rpm」も開発・公開されている。

Discussion

ログインするとコメントできます