📑

調査内容まとめ

2021/10/08に公開約1,000字

メンテナンス性の高いHTMLとCSSを書く
。わかりやすい、探しやすい、再利用しやすい、拡張しやすい
コーディング規約を決める
Block {
親の要素となるような要素をブロックとして命名
Element {
・blockに内包される部品。
elementが集まったものがBlockになるので、Element、Block内部に存在する。
Modifier {
・Modifierは状態を表すときに使用する。
同じ部品、同じBlockやElementで色だけ変えたい場合などに使用する
}
}
}

  単語のセパレータ {
    ・単語の区切りには、ハイフンを利用する
    ・2単語からなるクラスをハイフンを使って表現する
    BlockとElementの区切り {
      ・単語の区切りにはアンダーバーを利用する
      Block or Elementとmodifierの区切り {
      ・単語の区切りには、ハイフンを二つ繋げて表現する
        Modifierのキーとバリューの区切り {
          ・Modifierのキーバリュー区切りにはアンダースコアで表現
        }
      }
    }
  }

・フレームワーク
・静的サイトジェネレーター
  「サーバーサイトのレンダリング機能」「シングルページアプリケーション」
・コードエディタ
・テスト環境
  「ユニットテスト」 単一のコンポーネントまたは機能を個別にテストする
  「総合テスト」 コンポーネント間の相互作用をテスト
  「エンドツーエンドテスト」 ブラウザで本格的なユーザーフローをテストする
・クリーンなコード
  「変数、クラス、メソッド、関数に意味のある名前を作成する」
  「関数は小さく、引数をできるだけ少なくする」
  「コメントは全く必要ない」
・Git

Discussion

ログインするとコメントできます