🤯

都道府県別に年収の平均をLINEbotで出してみた。

2022/04/20に公開約1,600字

初めまして、すぎじゅんと申します。今回は初心者の私がmakeを用いてノーコードでLINEbotを作成しました。もしかしたら参考になる部分もあるかもしれないので是非是非見て行ってください。

作成意図

私は北海道に現在住んでいるのですが、北海道のことに関してあまりにも何も知りません。なので行政APIから色々な情報を引き出せたらちょっと便利でいいなと思って作りました。
県ごとの年収がわかるので他県と比べたりできてちょっと面白かったです。

APIキーの使用方法

youtubeなどで色々makeのことを調べましたが、APIキーの使用法が載っていなく、途中で詰まってしまいました。

スクリーンショット 2022-04-18 21.10.15.png

色々調べたところ上記のところにAPIキーを入力すると解決しました。

都道府県コードで年収を出す

ただ普通のサンプルコードで打つと埼玉県の年収しか出ません。埼玉県民ならいいかもしれませんが、私は埼玉県には一度も住んだことがないのでほぼ興味がありません。なので、少しコードを弄りました。

スクリーンショット 2022-04-18 21.29.26.png

そうすることで北海道なら1沖縄なら47と打ち込むことでその都道府県の年収を出すことが可能になりました。

20代の平均年収に変える

スクリーンショット 2022-04-18 20.39.34.png

ここまでやってあれ?なんか平均年収高くないか?と思ったところ、wagesAgeが10となっていました。これは上記の画像によると50代後半の年収だということで、これを20代に直そうと思います。
スクリーンショット 2022-04-18 21.38.13.png

上のようにwagesAge=10となっているところをwagesAge=4に直します。もし総数の平均が知りたければwageAge=1という風にしましょう。

botの挙動確認

最終的に今回はこんな感じになりました。
タイトルなし.gif
JSONを消そうとすると2010年の一番古い情報しか手に入らなくなってしまったりしたのであえてそのままにしてあります。

コロナのせいか2019→2020でどこも年収を落としていますね。早く世の中には良くなってもらいたいです。しかし、コロナ禍だからこそこういうこともできると言ってもいいので、今だからできることをしっかりやっていきましょう。

Discussion

ログインするとコメントできます