📝

「sitemap.xmlから削除 = noindex化」ではない

2021/05/31に公開約1,500字

sitemap.xmlとindexに関して書きます。
本記事で伝えたいことは、「sitemap.xmlからの記述の削除 = noindex化ではない」ということです。

sitemap.xmlとは?

サイトマップが必要かどうか
サイトの各ページが適切にリンクされていれば、Google は通常、サイトのほとんどのページを検出できます。その場合でも、大規模なサイト、複雑なサイト、専門性の高いファイルのクロールを改善する手段としてサイトマップが役立ちます。

参考:サイトマップについて

sitemap.xmlは、クローラーのために設置する、目次のようなものです。
目次なので、sitemap.xmlがなくても問題はないです。

しかし、下記のような場合には設置したほうが良いです。

sitemap.xmlが必要な場合

サイトのサイズが非常に大きい。

その場合、新しいページや更新されたばかりのページの一部が Google のウェブクローラによるクロール対象から漏れることがあります。

サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。

サイトのページがうまく相互に参照されていない場合でも、サイトマップに含めることで Google がページの一部を見落とさないようにできます。

サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。

Googlebot などのウェブクローラは、ページからページヘリンクをたどることによってウェブをクロールします。そのため、他のサイトからのリンクがないページは Google のクローラに検出されないことがあります。

サイトに動画や画像などのリッチメディア コンテンツが多数含まれている、またはサイトが Google ニュースに表示されている。

サイトマップがあれば、状況に応じて Google 検索でサイトマップからの追加情報が考慮されます。

noindexとは?

Googlebot はそのページを次にクロールしたときに、このタグまたはヘッダーを検出すると、他のサイトがそのページにリンクしているかどうかにかかわらず、そのページを Google 検索結果から完全に削除します。

参考:noindex を使用して検索インデックス登録をブロックする

検索インデックス登録されることによって、Googleの検索対象となります。
noindexを使用すると、検索インデックス登録をブロックすることができます。

「sitemap.xmlから削除 = noindex化」ではない

Googleの検索対象から外したい場合は、sitemap.xmlからの削除ではなく、noindexなどの手法を使い、ウェブページ取得をブロックしましょう。

コンテンツへのアクセスをブロックするにわかりやすくまとまっているのでおすすめです。

Discussion

ログインするとコメントできます