🐶

Docker+Nginx利用時の環境変数の利用(サンプルDockerfileの記述あり)

2022/05/30に公開約1,400字

はじめに

Docker+Nginxを用いてproxyサーバを作ろうとしたときに、環境変数から設定したかったのに少し手間取ったので、その備忘録。

フォルダ構造

./
 |-Dockerfile
 '-nginx.config.template

ファイル内容

今回は仮に以下の環境変数を使用することとしました。

  • PORT
  • FRONTEND_PATH
  • BACKEND_PATH
nginx.config.template
user  nginx;
worker_processes  1;

error_log  /var/log/nginx/error.log warn;
pid        /var/run/nginx.pid;

events {
  worker_connections  1024;
}

http {
  include       /etc/nginx/mime.types;
  default_type  application/octet-stream;
  log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                    '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                    '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';
  access_log  /var/log/nginx/access.log  main;
  sendfile        on;
  keepalive_timeout  65;

  server {
    listen ${PORT};
    server_name  localhost;
    client_max_body_size 500M;
    location / {
      proxy_pass ${FRONTEND_PATH};
    }
    location /api {
      proxy_pass ${BACKEND_PATH};
    }
    error_page   500 502 503 504  /50x.html;
    location = /50x.html {
      root   /usr/share/nginx/html;
    }
  }
}
Dockerfile
FROM nginx:1.17.10-alpine

WORKDIR /etc/nginx

COPY ./nginx.conf.template /etc/nginx/nginx.conf.template

# ここが効いています。envsubstというコマンドでテンプレートファイルから設定ファイルを生成している感じ
CMD /bin/sh -c "envsubst < /etc/nginx/nginx.conf.template > /etc/nginx/nginx.conf && nginx -g 'daemon off;'"

おわりに

テンプレートファイルってこうやって作れるんですね。あんまりこうしてまとまっていることがないので、linux界隈で常識なんでしょうけど。

Discussion

ログインするとコメントできます