Azure VM 初心者のアウトプット その1

1 min read読了の目安(約1400字

Azure VMとは

  • IaaSレベルの仮想マシン
  • マシンごとにカスタマイズが可能だがマネージドではない分セキュリティなどの考慮も必要なサービス

Azure VMの必須構成要素

仮想マシン名

  • 仮想マシンの名前でありホスト名でもあることに注意

地域

  • 仮想マシンを配置する場所、さまざまな国を選択可能

イメージ

  • 仮想マシンのOSのイメージ(Windows, Ubuntu, RHELなどなど)

サイズ

  • メモリ、CPUなどの設定グループ
  • 再起動処理を行えば後からでも変更可能

管理者アカウント

  • VMへログインする際に使用するユーザ名と、パスワードを設定

パブリック受信ポート

  • VMへ接続を行う際にパブリックIPからの接続を許可するかどうかの設定
  • 80,443,22,3389から指定可能

ディスク

  • VMの一時ディスクは揮発性ディスクであるため、別途保存領域が必要
  • VHDとして保存される

ネットワーク

  • VMを配置するVNetやサブネットの設定
  • パブリック受信ポートの設定もここで行うことができる

Azure VMの可用性オプションについて

可用性ゾーン

  • データセンターレベルのVMの分離配置
  • 物理的に離れたリソースの配置が可能

可用性セット

  • ラックレベルでの仮想マシンのグルーピング
  • 障害ドメインと、更新ドメインがある
  • 可用性セット自体にはコストはかからない
  • SLAを99.5%にする為には1つの可用性セット内に2つ以上のVMを起動させること
  • VM作成後の可用性セットへの追加はサポートされておらず、VMの再作成が必要。

障害ドメイン

  • 障害発生時に関わるドメイン
  • 最大3つまでドメインを分離することができるが、3つまでサポートしているのはアメリカなどの一部のリージョンのみ(東日本はサポートされていない)
  • 障害時に可用性を高めるためVMのドメインを分けることが大切

更新ドメイン

  • VMのアップデートなどの更新動作を論理的にグルーピングして制御する機能
  • 更新ドメインを設定することでVMの更新動作をドメインごとに行うことができる
  • 更新ドメインの順番で更新されない場合があるが、更新動作は1つのドメインでのみ行われる
  • 1-20までドメイン指定できる
  • 更新ドメイン数が2でVMが3台ある場合は、VM01(更新ドメイン#0)、VM02(更新ドメイン#1)、VM03(更新ドメイン#0)のように追加される