🍆

DiskStation DS216j を 2.5GbE 化する

2022/11/01に公開約3,900字

この記事の目的

NAS に 2.5GbE USB LAN アダプターを接続して通信速度を上げる

※ この記事を見て 2.5GbE 化する人がいたら、作業を始める前に最後の 感想 を見てから 2.5GbE 化するかどうか判断してほしい

注意事項

すべて自己責任

  • USB LAN アダプターの接続は Synology 非公式
  • ドライバは個人開発

登場するハードウェア

Synology DiskStation DS216j

NAS 本体

Planex USB-LAN2500R

NAS に接続する有線LANアダプター

  • インターフェース: USB 3.2 Gen1 Type-A オス×1
  • 伝送速度: 2.5Gbps

Macbook

NAS の設定やドライバのインストールなどを行うための作業用PC

Anker PowerExpand USB-C & 2.5Gbps イーサネットアダプタ

Macbook に接続する有線LANアダプター

  • 伝送速度: 2.5Gbps

QNAP QSW-1105-5T

NAS, Macbook を接続するスイッチ(LAN ケーブルはすべて CAT7)

  • 伝送速度: 2.5Gbps

参考にしたサイト

作業手順

SSH 接続の許可

  1. NAS の コントロールパネル から 端末とSNMP を開く
  2. 端末 タブの SSHサービスを有効化する にチェックを入れて 適用 を選択する

ドライバのダウンロード

  1. Macbook で ドライバのリリースページ を開いて Latest の付いている最新の Armada 385 用ドライバをダウンロードする

    この記事では 2.16.3-1 DSM7.xr8152-armada38x-2.16.3-1.spk をダウンロードする

ドライバのインストール

  1. NAS の パッケージセンター を開いて 手動インストール を選択する
  2. 参照 からダウンロードしたドライバを選択し 次へ を選択する
  3. 警告ダイアログが表示されるので 同意する を選択する
  4. 確認画面が表示されるので 完了 を選択する
  5. 1回目のインストールは失敗する
  6. Macbook で ターミナル を開いて NAS に SSH 接続する
    ssh -l {User Name} {IP Address}
    
  7. SSH 接続したターミナルで次のコマンドを実行する
    sudo install -m 4755 -o root -D /var/packages/r8152/target/r8152/spk_su /opt/sbin/spk_su
    
    パスワードの入力を求められるので、ユーザのパスワードを入力する
  8. 同じ手順でドライバをもう一度インストールすると成功し、 パッケージセンター の インストール済 にドライバが表示される
  9. NAS に USB-LAN2500R を接続する

SSH 接続を許可しない

  1. NAS の SSH 接続を許可しない設定に戻す

ネットワークインターフェイスの設定

  1. NAS の コントロールパネル から ネットワーク を開く
  2. ネットワーク インターフェイス タブを開いて追加された LAN インターフェイスを選択する
  3. 編集 を選択し ネットワーク設定を自動設定、MTU 値を 9000 に変更する
  4. 確認ダイアログが表示されるので はい を選択する

通信速度の比較

ZIP ファイル(11.23GB) のコピーにかかった時間を手動で計測する

通信速度はコピー中に Macbook のアクティビティモニタに表示された大体の値

1GbE

From NAS To Macbook

  • 通信速度: 127MB - 129MB
  • コピー時間: 1分36秒

From Macbook To NAS

  • 通信速度: 107MB - 110MB
  • コピー時間: 1分53秒

2.5GbE

From NAS To Macbook

  • 通信速度: 190MB - 194MB
  • コピー時間: 1分4秒

From Macbook To NAS

  • 通信速度: 90MB - 93MB
  • コピー時間: 2分13秒

なぜ手動測定なのか

DS216j に Docker を利用して iperf3 をインストールして iperf3 でデータ転送速度を計測する予定だったが、 DS216j は Docker が利用できなかったため手動で測定することにした

感想

2.5GbE 化するのはそんなに難しくないが、期待したほど通信速度は上がらなかった(なぜか NAS にコピーする場合は 2.5GbE の方が遅い...)

Synology 非公式の方法で個人開発のドライバをインストールしてまでやる価値はないと思う

Discussion

ログインするとコメントできます