Closed31

Flutterでビンゴゲームをつくる

こんな感じで

ビンゴのルール理解してなかった。75までらしい

一般的にビンゴカードは縦・横5マスずつ、計25個のマス目が書かれている。その内、中央を除く24マスには1から75までの番号のうち24個の番号が書かれており、中央はフリースポットとして最初から有効な番号として扱われる。1枚のカードの中で同じ番号が重複することはない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ビンゴ#:~:text=一般的にビンゴカード,重複することはない。

とりあえずText返させようとしたら、

class MyApp extends StatelessWidget {
  
  Widget build(BuildContext context) {
    return MaterialApp(
      title: 'Bingo!',
      theme: ThemeData(
        // Add the 3 lines from here...
        primaryColor: Colors.black,
      ),
      home: StartWindow(),
    );
  }
}

class StartWindow extends StatelessWidget {
  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Text("Bingo");
  }
}

こんなデザインになった

Scaffold使わないと、どうも↑色合いになるみたい

VSCode、[Command]+[K]→[V]でMarkdownがプレビューできる。便利だ

今日はここまで

ファイル分割してみた

import 'package:bingo/game_page.dart';

呼び出すファイルに対して、これが必要みたい

こんなメソッドでonPressedに指定したが、contextが読めなかった。
チュートリアルのときはこれで読めていたが……?

  void _temp() {
    Navigator.of(context).push(
      MaterialPageRoute<void>(
        builder: (BuildContext context) {
          return GamePage;
        }
      )
    );
  }

チュートリアルと今の違いがよくわからなかったが、とりあえず↓のように書き換えた。

onPressed: () {
  Navigator.push(
    context,
    MaterialPageRoute(builder: (context) => SecondRoute()),
  );
}

https://zenn.dev/kboy/books/ca6a9c93fd23f3/viewer/381ec5

ビンゴゲームはどうやら1...75が数字の範囲らしい。
状態変数として、1〜75を持って、ユーザータップのたびに数字を一つずつ別の配列に移動、最終的に配列がカラになったらビンゴ終了、というのがいいかな

今日はここまで

うーんでも正直ナビゲーションバーでも別にいいかなあ。
このカスタマイズで時間取られるの嫌だし、AppBarのまま進めよう

引数を取るStatelessWidgetを書いたら、ワーニングが出た。

class NumberRouletteButton extends StatelessWidget {
  
  final String _number;
  NumberRouletteButton(this._number);
The field doesn't override an inherited getter or setter.
Try updating this class to match the superclass, or removing the override annotation.dart(override_on_non_overriding_member)

イマイチよくわからないが、@overrideを消した

配列からWidgetを複数生成したいとき、どう返せばいいかわからなかった。
mapを使えばできそうだと思ったが、どう書いてもコンパイル通らなくて困った。
どうもtoList()でWidgetのListとして渡すといいようだ。

https://stackoverflow.com/questions/55039861/creating-a-list-of-widgets-from-map-with-keys-and-values
  Widget _buildRow(int start, int end) {
    return Row(
      children: _saved.map((e) => Text(e.toString())).toList()
    );
  }

というかmapとtoListがセットなのか?
よくわからない……

とりあえず粗々はできた。

既出の数字を下に表示してるところが、思い通りの増え方に調整できない。
どうしても増えたときに見づらくなってしまう。

タイマー処理、こんなかんじで実装した

  
  void initState() {
    super.initState();
    _numbers = List<int>.generate(74, (i) => i + 1);
    _saved = [];
    Timer.periodic(const Duration(milliseconds: 200), _change);
  }

  
  void dispose() {
    _timer.cancel();
    super.dispose();
  }

  void _change(Timer timer) {
    _timer = timer;
    setState(() {});
  }

画面の更新したいがために、setState()を空で呼んでるけど、このやり方どうなんだ……?
だからと言って更新する状態変数もないし……

完成したのでクローズ

このスクラップは2021/05/28にクローズされました
ログインするとコメントできます