Closed5

SwiftLintとXcodeGenを導入する

XcodeGenは難航した

https://qiita.com/uhooi/items/16a870eaae24b46103fb#プロジェクトファイルの生成
https://qiita.com/gin0606/items/64855bb96570d875f231
  • そもそもXcodeGenがやってることがわかってなかったが、プロジェクトファイルを生成するツール
    • Xcodeの生成したプロジェクトファイルは共有しない
    • それによって厄介なプロジェクトファイルのコンフリクトを回避できるメリット
    • デメリットとしては、都度生成になるので、メリットに魅力を感じなければ、単に手間がかかるだけになる
  • YAMLの記法が難しい
  • xcconfig-extractorを使おうとしたが、うまく動かなかった
  • Xcode 13でSwiftUIを指定したプロジェクトはinfo.plistがなくて、この場合のYAMLの書き方がわからず
  • 導入を見送る

M1 MacにもSwiftLint入れてみた。
brewのインストールから
M1だからどう、ということは2021/12現在特になさそう

Xcode Toolを指定しないと実行できなくて、sudo xcode-select -s /Applications/Xcode.app/Contents/Developer をうった

https://qiita.com/colomney/items/c2b11c9f4934a96f4900

M1 MacだとIntel版とパスが変わるらしく、昔動いてたシェルが動かなくなっていた。
またswiftlint autocorrect --format は古いと言われたので、swiftlint --fix にした。

if test -d /opt/homebrew/bin; then
    PATH=/opt/homebrew/bin/:$PATH
fi

if which swiftlint >/dev/null; then
  swiftlint --fix
  swiftlint
else
  echo "warning: Swiftlint not installed, download from https://github.com/realm/SwiftLint"
fi

(参考)

https://zenn.dev/muhiro12/articles/swiftlint-m1-issue
このスクラップは2021/09/22にクローズされました
ログインするとコメントできます