📌

XCodeビルド時にcodesignでエラーが発生した場合に最初に確認すべきこと in 2021

1 min read

XCode ビルド時に codesign で errSecInternalComponent エラーが発生した場合に最初に確認すべきこと in 2021

Zenn のタイトルは 60 文字までなんですね。

確認すべきこと

codesign で失敗原因は様々あると思いますが 2021 年のイマ(+数年?)真っ先に確認してほしいところがあります。

それは「Apple Worldwide Developer Relations Certification Authority」の期限です。キーチェインアクセスを起動して、検索ボックスに「Apple W」と入れるとリストアップされると思います。

キーチェインアクセス

その中に 2030 年が期限の証明書がなかったら、https://www.apple.com/certificateauthority/ ここからWWDR Certificate (Expiring 02/20/2030 12:00:00 UTC) をダウンロードして証明書を追加してください。

以上です。

あとがき

筆者 Jenkins おじさんをしており、Unity で iOS ビルドしてたらこの証明書の罠にハマったでござる。
しかも、なんと直近数ヶ月で二度も!拙者の記憶力のなさに頭痛が痛いでござる。

・・・なんだか、わけのわからない文体になったが三度目をなくすため、記事に書いて記憶の定着をしました。

以下、検索用

errSecInternalComponent
Command /usr/bin/codesign failed with exit code 1