📝

[Mac] 既に始まっているYoutube Liveを最初から録画する

2022/09/23に公開約1,400字

録画編

1. HomeBrewのセットアップ

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

2. yt-dlpのセットアップ

brew install yt-dlp/taps/yt-dlp

3. ffmpegのセットアップ

brew install ffmpeg

4. 録画

以下のコマンドに動画のIDを代入し、以下のコマンドを実行してください。
動画のIDの例1:youtu.be/SX_ViT4Ra7kSX_ViT4Ra7k
動画のIDの例2:www.youtube.com/watch?v=SX_ViT4Ra7kSX_ViT4Ra7k

mkdir ~/Downloads/youtubelive-download
cd ~/Downloads/youtubelive-download
yt-dlp --live-from-start 動画のID

Liveが終了するまで、処理が続きます。ディスクの空き容量に注意してください。
動画は、ダウンロード→ youtubelive-download に保存されます。
録画終了後、追加の作業が必要となりますので、このページを開いたままにしておくか、ブックマークしておいてください。終了後は、以下の処理編をご覧ください。

処理編

1. 確認

Finderにて ダウンロード→ youtubelive-download を開き、.mp4.partファイルが2つ存在することを確認し、それぞれのパスをコピーしてください。mp4.ytdlファイルは無視していただいて構いません。

2. 結合

上で確認したパスを代入した上で、以下のコマンドを実行してください。
パスに空白が含まれる場合は、control + command + vでエスケープしてペーストできます。

ffmpeg -i 一つ目のパス -i 二つ目のパス ~/Downloads/youtubelive-download/output.mp4

あとがき

録画終了後に処理が必要となるのは、Live終了時にyt-dlpがエラーで終了してしまうためです。
改善され、この記事が不要になったらコメントにてご連絡ください。
その他、ご意見・ご指摘等はコメントまでお願いします。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます