📊

gonum.org/v1/plot パッケージの破壊的変更

3 min read

グラフ描画パッケージの一つである gonum.org/v1/plot が v0.9.0 にアップデートされたが,破壊的変更を含んでいるようなのでメモしておく。

plot.New 関数の返り値

plot.Plot インスタンスを生成する plot.New() 関数で,以前のバージョンは

p, err := plot.New()

という感じに error も一緒に返却されていたが, v0.9.0 では

p := plot.New()

と error を返さなくなった。いや,まぁ,エラー・ハンドリングが不要になる分ちょびっとだけ楽になるのでいいのだが。

既定フォントとフォント指定の変更

以前は

plot.DefaultFont = "Helvetica"
plotter.DefaultFont = "Helvetica"

という感じに文字列でフォントを指定していたが,どうもフォント制御の部分をごっそり作り変えたようで,フォントの指定方法だけでなくフォントそのものも入れ替わった。具体的には

plot.DefaultFont = font.Font{
    Typeface: "Liberation",
    Variant:  "Sans",
}
plotter.DefaultFont = plot.DefaultFont

と言った感じに指定する。 gonum.org/v1/plot があらかじめキャッシュして指定可能なフォントは以下の通り。

Typeface Variant Style Weight
"Liberation" "Serif" font.StyleNormal font.WeightNormal
"Liberation" "Serif" font.StyleNormal font.WeightBold
"Liberation" "Serif" font.StyleItalic font.WeightNormal
"Liberation" "Serif" font.StyleItalic font.WeightBold
"Liberation" "Sans" font.StyleNormal font.WeightNormal
"Liberation" "Sans" font.StyleNormal font.WeightBold
"Liberation" "Sans" font.StyleItalic font.WeightNormal
"Liberation" "Sans" font.StyleItalic font.WeightBold
"Liberation" "Mono" font.StyleNormal font.WeightNormal
"Liberation" "Mono" font.StyleNormal font.WeightBold
"Liberation" "Mono" font.StyleItalic font.WeightNormal
"Liberation" "Mono" font.StyleItalic font.WeightBold

このうち font.StyleNormal と font.WeightNormal は既定値なので省略可能である。またフォントを指定しない場合は Liberation/Serif が既定値としてセットされている。なお Style と Weight の指定で使用する font パッケージは gonum.org/v1/plot/font ではなく golang.org/x/image/font の方なので,パッケージ名の衝突に注意すること。

ちなみに Liberation フォントは SIL Open Font License 1.1 で提供されていて, Go からは go-fonts/liberation パッケージでコントロールできる。

まぁ,確かに破壊的変更だが,今の構成なら golang.org/x/image/font パッケージとの親和性も高そうだし,外部のフォントファイルも扱いやすくなるのかな。面倒くさいのでしないけど。

参考

https://text.baldanders.info/golang/chart-with-golang/

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます