ATOM エディタも gopls に対応していた

公開:2020/11/10
更新:2020/11/10
3 min読了の目安(約2900字IDEAアイデア記事

Microsoft が誇る Visual Studo Code 最大の功績は「言語サーバ・プロトコル(Language Server Protocol)」を作ったことだと思う。

これによって,コーディング作業をアシストするための入力補完やコード整形や名前をキーにしたジャンプといった機能を,言語やエディタ実装から独立させることが可能になった。ツール開発者はこのプロトコルに適合する言語サーバ・アプリケーションの作成に専念できる。

各プログラミング言語コミュニティは自身の言語用サーバを提供している。 Go コミュニティでも早い段階からいくつかの実装が存在したが,現在では Google の gopls ( go please と読むらしい 😄) に集約されつつあるようだ。 gopls 自体はまだアルファ版だそうだが,それでも VSCode だけでなく Vim や Emacs などでも既に使われている。

この流れに見事に取り残されているのが ATOM エディタである。何故かというと Go 支援用パッケージの最大手である go-plus が今だに gocode を使っているのである。つか,実質的に go-plus の開発は2年くらい前から止まっているのだが。それでも go-plus を越えるパッケージが未だ見当たらないのは(Go プログラマから見て)いかに ATOM エディタが過疎ってるかを示す傍証と言えるかもしれない[1]

(ホンマ GitHub は ATOM をどうするつもりなんだろう)

まぁ,でも,完全に見捨てられているわけではないようで, gopls では ATOM 用パッケージとして ide-gopls指定しているっぽい。

ide-gopls の機能は以下の通り。

  • Auto completion
  • Code format
  • Diagnostics (errors & warnings)
  • Document outline
  • Find references
  • Go to definition
  • Hover
  • Reference highlighting

今回ちょろんと試す機会があったのだが,感想は以下のような感じ。

  • ユーザインタフェースが atom-ide-ui に統合されているためか,入力補完の出来は非常によい
  • コード整形は gofmt レベルまでしか対応してない。せめて goimports レベルまではサポートしてほしかった(gopls 側の課題かな)
  • Lint, test, coverage 等の機能がない。まぁ x-terminal からコマンドを叩けばいいんだけど。でもセーブした瞬間に lint や test が走るのって快感だよね 😄

比較対象が go-plus なので,評価が多少辛辣なのはご容赦を。まぁ「今後に期待」というところだろうか。 gocode はすでにソフトウェアとしての寿命を終えてるし go-plus の入力補完に我慢ならないという方は ide-gopls を応援し育てていくのもいいだろう。

私はせめて lint & test ができるようになってから,かな。もう少し我慢する。

参考

脚注
  1. ちなみに gocode は Windows 10 では,普通に go get でダウンロード&コンパイルしてもまともに動かない。動かすためにはコンパイル時に -ldflags -H=windowsgui のフラグを付加してやる必要があるが go-plus はガン無視して普通に go get して上書きインストールしてくさるので,どうにもならない。 ↩︎