MAMP環境でxdebugを有効化する

1 min read読了の目安(約500字

xdebugはphpのデバッグをする上で有効なツール。

MAMPの指定したPHPのバージョンのphp.iniファイルをいじる。
(php.iniとはPHPのプログラムや環境を設定するファイルのこと)

移動

cd /Application/MAMP/bin/php/php7.2.1/
vim php.ini

xdebugのzen=extensionをコメントアウトを外す

下記はこちらのローカル環境なので自分のコピペしないほうが良い。

php.ini
[xdebug]
;下記のコメントアウトを外す
zend_extension="/Applications/MAMP/bin/php/php7.2.1/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20170718/xdebug.so"
extension=php_intl.dll
extension=php_mbstring.dll

xdebugの下に下記のコードを追記する。

xdebug.remote_enable=1

MAMPを再起動

その後、phpinfoを確認するとxdebugという項目が追記されている

できたよ!😊

var_dumpで表示する配列が見やすくなった