🧩

Antilatencyのセットアップ

2021/02/03に公開約1,800字

前回に引き続いてantilatencyの話ですが、
はじめに↓を読んでいただけると幸いです。

antilatencyというトラッカーについて

今回は、antilatencyの基本的なセットアップについてまとめました。


公式セットアップ手順
手順は↑の通りです。ほぼ引用になりますが、個人的につまづいた所など追記しながら解説していきます。

環境の準備

□用意するもの

・1…ALT
・1…Wired USB Socket
・トラッキングエリアキット
  ○4…IRマーカー付きバー
  ○4…接続用バー
  ○1…電源バー
  ○7…バー接続用コネクタ
  ○28…フロアマット
  ○1…電源アダプタ

以上が、最低限必要なものになります。

1.トラッキングエリア

IRバーを床に敷いて、マーカーのレイアウトを作ります。
正しい向きにする必要があるので、二つのマーカーが近い距離で並んでいる箇所を判断しながら、以下の様に並べます。
スクリーンショット 2021-01-26 19.07.30.png
・4…IRマーカー付きバー
・1…電源バー
・1…電源アダプタ
・4(上図の場合)…バー接続用コネクタ
・16(上図の場合)…フロアマット

標準のエリア面積は2.4×2.4mになりますが、カスタムで面積を広げる事も可能です。その場合の配置も、公式ページにて掲載されています。

ソフトウェア

公式よりサービスアプリがリリースされていますので、ダウンロードします。
インストール時に、使用中のマシンが開発者モードになっている必要があります。(自分の場合はそうでした)
####□ENVIROMENTS
スクリーンショット 2021-01-26 19.26.29.png
マーカーのレイアウトを設定します。設置したマーカーと同じ配置を選びましょう。

□PLACEMENTS

スクリーンショット 2021-01-26 19.33.13.png
HMDにALTを装着する際の位置を決めます。
特にヘッドセットを使う必要がなければ、ここは飛ばして大丈夫です。

□DEVICE NETWORK

dn-2.png
この項目では、 ALTデバイスのプロパティを読み書きすることで、接続するデバイスを制限したり、HMD無線ソケットの無線チャンネルを設定します。デバイスに名前を付けて、アプリケーションに特定のデバイスを認識させることも可能です。


基本的な準備は以上になりますが、ゲームやエンジン内で動作させるには各々設定しなくてはなりません。
今回の動作検証はUnrealEngineで行ったので、次はその時の事についてまとめたいと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます