🦊

NVIDIA Isaac Sim: Semantic dataの可視化

2022/04/06に公開約2,700字

概要

GUI上での操作で、シーン内のカメラから合成データを取得します。

Issac Simのtutorialに上記の内容が記載されており、この内容に沿って進めます。

https://docs.omniverse.nvidia.com/app_isaacsim/app_isaacsim/tutorial_replicator_semantics.html

実行環境

  • インストール実行環境
unit specification
CPU i9-11900H
GPU GeForce RTX 3080 Laptop
RAM 32GB
OS Ubuntu 20.04.3 LTS
  • Nvidia Driverバージョン
    • 510.39.01
  • Issac simバージョン
    • 2021.2.1

手順

GUI上での操作で、シーン内のカメラから合成データを取得します。

  1. テストシーンのロード
  2. 個別のオブジェクトのSemantic dataの生成
  3. Stage全体のSemantic dataの生成

1. テストシーンのロード

1.1 OmniverseからIssac Simを起動する

1.2 テストシーンをロードする

Isaac Simの下部にあるContentの中から、Isaac > Environments > Simple_Room > simple_room.usdをダブルクリックします。

次に、メニューバーのSynthetic Data > Sematics Schema Editorを選択します。

ポップアップしたSematics Schema EditorのWindowをドラッグし、Stageの下のPropertyの右隣に追加します。

2. 個別のオブジェクトのSemantic dataの生成

2.1 個別のオブジェクトのSemantic dataを生成する

Viwportの中で、左上にある目のアイコンの隣のアイコンを選択します。
表示されたWindowの中で、RGBとSemantic Segmentaitonにチェックを入れます。

チェック後に、”Visualize”を選択すると、シーン内のカメラで撮影されたRGB画像が表示されます。

次に、シーン内のテーブルをSemantic Segmentationの結果で認識するように設定を変更します。
Stageの中でRoot > table_low_327 > table_lowを選択します。

選択した状態で、Stageの下部にあるPropertyの”Raw USD properties”の中の”semantic:Semantics:params:semanticData”と”semantic:Semantics:params:semanticType”の値を確認します。

確認した値を、Semantic Schema Editorの”Apply Semantic data on selected objects”のTableのTypeとDataの値にそれぞれ入力します。

追加後、Viwportの中で、左上にある目のアイコンの隣のアイコンを選択します。
再度、”Visualize”を選択すると、シーン内のカメラで撮影されたRGB画像とTableが認識されたSemantic Segmentationの結果が表示されます。

3. Stage全体のSemantic dataの生成

3.1 Stage全体のSemantic dataを生成する

Semantic Schema Editorの設定値を次の様に変更します。

  • "Prim types to label"に”Mesh”を入力する
  • "Class list"に”table,floor,wall”を入力する

入力後、"Prim types to label"欄の中で、”Generate Labels”を選択します。

追加後、Viwportの中で、左上にある目のアイコンの隣のアイコンを選択します。

再度、”Visualize”を選択すると、シーン内のカメラで撮影されたRGB画像とTableが認識されたSemantic Segmentationの結果が表示されます。

Discussion

ログインするとコメントできます