🗂

【Go】WSL2にGoをインストールする手順

2 min read

WSL2にGoをインストールする

いままでWindowsにインストールしたGoを使用してたけどどうせならWSL2で開発したいのでWSL2にGoをインストールしてみる

実行環境

OSはWindows 10 Pro 64bit (バージョン2004 OSビルド19041.572)
WSL2でOSはUbuntu-20.04

1.インストーラーをダウンロードする

まずはDownload and install - The Go Programming Language を開き「Linux」を選択し、Linux用のインストーラーをダウンロードしてくる。

この時にダウンロードしてきたインストーラー(例では go1.15.3.linux-amd64.tar.gz)を自分のわかりやすいところへ移動しておく

2.WSLを立ち上げる

次にコマンドプロンプトかWindowsのターミナルを開き、wslコマンドを実行してWSLを立ち上げる

Microsoft Windows [Version 10.0.19041.572]
(c) 2020 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\sola>wsl
root@sola-pc:/mnt/c/Users/sola#

3.公式サイトに記載されてるコマンドを実行する

無いとは思いますが予めGoがインストールされている場合はアンインストールしておいてくださいとのこと

まず以下のコマンドで/usr/local 以下に展開
※先ほどダウンロードしてきたインストーラー(例では go1.15.3.linux-amd64.tar.gz)を置いた場所へ移動してから実行すること

tar -C /usr/local -xzf go1.15.3.linux-amd64.tar.gz

4.ルートへ移動後エクスプローラーを立ち上げる

終了後、ルートへ移動し、そこでエクスプローラーを立ち上げる

root@sola-pc:/mnt/c/Users/sola# cd ~
root@sola-pc:~# explorer.exe .
root@sola-pc:~#

explorer.exe . を実行すると以下のようなエクスプローラーが立ち上がる

(※環境によってファイルなどに差異はあるとおもいますので、あくまでこんな感じのディレクトリが開かれるというイメージで見てください)

5.環境変数の設定

.bashrcをテキストエディタで開き、以下の行を追加し保存する。

export GOROOT=/usr/local/go
export GOPATH=$HOME/go
export PATH=$GOPATH/bin:$GOROOT/bin:$PATH

その後、コマンドプロンプトorターミナルを再起動させて再度WSLを立ち上げる

6.Goがインストールされているか確認

wsl コマンドで立ち上げたのち、go versionでインストールされているか確認しておく

Microsoft Windows [Version 10.0.19041.572]
(c) 2020 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Users\sola>wsl
root@sola-pc:/mnt/c/Users/sola# go version
go version go1.15.3 linux/amd64
root@sola-pc:/mnt/c/Users/sola#

参考URL

Discussion

ログインするとコメントできます