[Object-Oriented Conference] 資料まとめ

7 min読了の目安(約6600字IDEAアイデア記事

published_at: 2020-02-16 23:29

これは自身の記事を、サービス終了に伴い Qrunch から移行したものです


2/16(日) に行われた Object-Oriented Conference の公開資料まとめです(見つけたら随時更新)
SpeakerのTwitterや fortee の timetable などから集めてます

Keynote / Long Session

found Speaker Title / Slide url
@nrslib さん Object Oriented Diversity<br>https://speakerdeck.com/nrslib/ooc-keynote-object-oriented-diversity
@zenzengood さん 関心の分離って何?<br>https://www.slideshare.net/zenjikanzaki/ooc-2020
@little_hand_s さん DDDはオブジェクト指向を利用してどのようにメンテナブルなコードを書くか<br>https://www.slideshare.net/koichiromatsuoka/ooc-2020-matsuoka
@kuwahara_jsri さん オブジェクト指向から分析するゆめみ社の組織構造について<br>https://speakerdeck.com/clown0082/analyzing-yumemis-organizational-structure-from-object-oriented-perspective
@kyon_mm さん 数理的システム設計-ビジネスと技術制約を繋ぐ手法-<br>https://speakerdeck.com/kyonmm/sohutoueasisutemushe-ji-niokeru-areguzandali-lun-falsehuo-yong-shu-li-de-sisutemushe-ji-shou-fa-falseti-an-number-agileto2019
- *1 オブジェクト IPPON グランプリ<br>https://twitter.com/hiranabe/status/1229770929309249537?s=20
@Philomagi さん WEBフロントエンドにおけるソフトウェア設計の考察<br>https://speakerdeck.com/tooppoo/consideration-of-software-design-in-web-front-end
@hiranabeさん アジャイル時代のモデリング<br>https://www.slideshare.net/hiranabe/modeling-in-the-agile-age-228224347
@hirodragon112 さん 概念投影によるオブジェクト指向設計の考え方とその方法<br>https://speakerdeck.com/hirodragon112/conceptual-projection-design
@miyakelp_ さん 美しい設計の色香に惑わされないために - 手段としてのオブジェクト "C" 向<br>https://speakerdeck.com/miyakelp/mei-siishe-ji-falsese-xiang-nihuo-wasarenaitameni-shou-duan-tositefalseobuziekuto-c-xiang
@j5ik2o さん 「モジュールとしてのマイクロサービス」と 「分割単位としてのドメイン」について考える<br>https://speakerdeck.com/j5ik2o/moziyurutositefalsemaikurosabisu-to-fen-ge-dan-wei-tositefalsedomein-nituitekao-eru
@ariaki4dev さん オブジェクトライフサイクルとメモリ管理を学ぼう<br>https://speakerdeck.com/ariaki/ooc-2020
@kozukorio さん Mathematicaで一から作り上げるオブジェクト指向プログラミング環境<br>https://www.slideshare.net/kobayashikorio/oocon2020-presentation-slide-kozukorio
河野岳史 さん 見せてもらおうか、真のモデリングツールの性能とやらを!<br>https://www.slideshare.net/SparxSystemsJapan/ss-228299215
@masuda220 さん オブジェクト指向プログラミングの現在・過去・未来<br>https://www.slideshare.net/masuda220/ss-228057248
@kent_hamaguchi さん オブジェクト指向システム開発<br>https://speakerdeck.com/kenthamaguchi/ooc-2020-mediado
@a_suenami さん 異なるモデリングパラダイムから見るオブジェクトモデル<br>https://speakerdeck.com/a_suenami/yi-narumoderinguparadaimukarajian-rumoderingufalsekan-suo-number-ooc-2020

*1
(敬称略)

  • パネリスト
    • Chatwork株式会社 加藤 潤一
    • 株式会社バリューソース 神崎 善司
    • 弁護士ドットコム株式会社 天重 誠二
    • 株式会社オージス総研 原田 巌
  • モデレータ
    • 株式会社チェンジビジョン 平鍋 健児

Short Session / Lunch Session

found Speaker Title / Slide url
@Tatsuki_Inoue さん 結局ソフトウェアエンジニアリング・オブジェクト指向・モデリングでしょ<br>https://drive.google.com/file/d/1AcjxmkvrjDHJsTtBs2yt6XJWcr2fguw7/view
@hgsgtk さん デザインパターンの使い方をパタン・ランゲージとの比較から考える<br>https://speakerdeck.com/hgsgtk/design-pattern-usage-inspired-by-pattern-language
@dnskimox さん 契約による設計事始め<br>https://speakerdeck.com/dnskimo/qi-yue-niyorushe-ji-shi-shi-me
@MinoDriven さん クソコード動画「switch文」<br>https://speakerdeck.com/minodriven/kusokododong-hua-switchwen-jie-shuo
@yoshiyoshifujii さん Chatworkのドメインをモデリングした<br>https://speakerdeck.com/yoshiyoshifujii/modeling-chatwork-domain
@unio_lssy さん VOYAGE GROUP流開発文化<br>https://speakerdeck.com/unio/voyage-groupliu-kai-fa-wen-hua
@itohiro73 さん READYFORにおける複雑なドメインとレガシーシステムとの戦い方<br>https://speakerdeck.com/itohiro73/readyforniokerufu-za-nadomeintoregasisisutemutofalsezhan-ifang
@yamak1i さん 現場で実践すべきDDDモデリングのポイント3つ〜4年間の実績からの気づき〜<br>https://speakerdeck.com/yamakii/three-points-of-ddd-modeling
@kawakawa さん オブジェクト指向の「語る」と「示す」<br>https://speakerdeck.com/kawakawa/obuziekutozhi-xiang-false-yu-ru-to-shi-su
@adsholoko さん Goのソースコードから読み解くオブジェクト指向プログラミング<br>https://speakerdeck.com/adsholoko/gofalsesosukodokaradu-mijie-kuobuziekutozhi-xiang-puroguramingu-at-object-oriented-conference-2020
@sapi_kawahara さん オブジェクトの無い世界<br>https://speakerdeck.com/sapi_kawahara/this-world-has-no-objects
- @nagitter さん ひとりで開発をスタートしたサービスが4年で20億円の売上げに。成長に伴うシステム設計の変化<br>
@pictiny さん 振る舞いからモデリングするオブジェクト指向な開発プロセス<br>https://speakerdeck.com/pictiny/ooc-2020
@yu_mashirou さん PHPでドメイン駆動設計を浸透するためにやったことと現状<br>https://speakerdeck.com/mashirou1234/phptetomeinqu-dong-she-ji-wojin-tou-surutameniyatutakototoxian-zhuang
@Tanaka9230 さん 「神クラス」問題の本質を、「サブジェクト-オブジェクト」二重化エンティティモデルで理解する<br>https://speakerdeck.com/tanaka9230/shen-kurasu-wen-ti-falseben-zhi-wo-subject-object-er-zhong-moteruteli-jie-suru-v0-dot-9
@sonatard さん オブジェクト指向のその前に - 凝集度と結合度<br>https://speakerdeck.com/sonatard/coheision-coupling
@kawanamiyuu さん ドメイン駆動設計を支えるアーキテクチャテスト<br>https://speakerdeck.com/kawanamiyuu/object-oriented-conference-2020
_rockname さん デザインにオブジェクト指向を適用する<br>https://speakerdeck.com/rockname/apply-object-oriented-to-your-design
@akiray03 さん オブジェクト指向で考えるアプリケーションアーキテクチャ設計<br>https://speakerdeck.com/akiray03/object-oriented-conference-2020
@koko72_flavor さん 経験者がいない状態で、戦略的DDDを現場でやってみた話<br>https://speakerdeck.com/koheiokamoto/ooc2020

Appendix

https://ooc.connpass.com/event/157193/
https://www.youtube.com/channel/UCzhlHRuKIUdziI-qvwr4SLg