🥔

[Route53]TXTレコードを複数登録するときの注意事項

1 min read

published_at: 2018-05-03

これは、当初 Qiita にあった自身の記事を移行したものです


Route53 では TXTレコードを複数登録できないのかと思い込んでいたが、可能だった。
ポイントは以下2点。

  • ダブルクオートでくくる
  • 改行する

経緯

  • すでに SPF レコードを登録しているところに Office365 の認証用に TXT レコード("MS")を、頭に追加した
  • そのときはメール送受信も Office365 認証もできて問題なさそうだったのだが、これまで普通に届いていたメールが迷惑メールになっていたり、「送ったんだけど」というメールが届いてなかったというケースがいくつか発生していた。
  • dig や nslookup では設定通りに TXT レコードが表示されたが、SPFチェックツールでは「このドメイン、SPFないよ」的な結果になってしまっていた
  • 再度、Office365のガイドを凝視すると、 MS=...v=spf... の間に改行が入っているようだったので、入れてみたところ
    • dig で TXTレコードが複数返って来るようになった
    • SPFチェックツールで、「SPFあるね」的な結果になった

refs

Discussion

ログインするとコメントできます