Open3

GitHub Actions で C# (.NET Core 3.1) アプリケーションを動かす

.NET Core 3.1

.NETでのビルドとテスト - GitHub Docs
GitHub Actions v2 で .NET Core 3.0 をビルドする - Qiita

.github/workflows/dotnet.yml
name: .NET

on:
  push:
    branches: [ master ]
  pull_request:
    branches: [ master ]

jobs:
  build:

    runs-on: ubuntu-latest

    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Setup .NET
      uses: actions/setup-dotnet@v1
      with:
        dotnet-version: 3.1.x
    - name: Restore dependencies
      run: dotnet restore
    - name: Build
      run: dotnet build --no-restore
    - name: Test
      run: dotnet test --no-build --verbosity normal
    - name: Run
      run: dotnet run --no-build --project ConsoleApp1

環境変数

ローカル (Visual Stuido)

プロジェクトの [プロパティ] > [デバッグ] > [環境変数] に設定する。
launchSettings.json に保存される。
シークレットがコミットされるのはよろしくないので .gitignore に追加するか Secret Manager を使う。

GitHub Actions

ワークフローの env で設定する。
シークレットはリポジトリの [Settings] > [Secrets] に保存して ${{ secrets.___ }} で参照。

    - name: Run
      run: dotnet run --no-build --project ConsoleApp1
      env:
        ENV_VAR: 'env_var'
        SECRET_VAR: ${{ secrets.SECRET_VAR }}
ログインするとコメントできます