🧭

よく使う Git コマンド

2 min read

概要

Git コマンドは多種多様あり全てを使いこなすことはほとんど不可能です。
特に初めて触る方はどこから手を付けていいか分からないと思います。
なので自分がよく目にするコマンドをまとめてみました。

個別のコマンドについての説明はしませんので(キリがないので)知らないものは Pro Git bookReference を読むかググってみてください。

初級

基本操作のためのコマンド。
初めて Git を学ぶ方はとりあえずここにあるコマンドを覚えましょう。

直接コマンドを打たなくて済む GUI クライアントもおすすめです。
ログ(履歴ツリー)の表示も見やすいものが多いです。

コマンド 備考
git clone
git switch git checkout から独立
git checkout v2.23 で git switch / git restore へ分割
git status
git add
git commit
git push
git pull git fetch + git merge
git log --graph
git config user.name, user.email
git help

中級

Git をもう少し便利に使えるコマンド。
慣れてくるとこのあたりまでは普段使いするのではないかと思います。

コマンド 備考
git init
git reset
git restore git checkout から独立
git cherry-pick
git stash
git branch
git diff
git fetch --prune
git merge
git rm
git mv
git rebase
git revert
git remote
git tag

上級

たまに使う機会があるかもしれないコマンド。

コマンド 備考
git blame
git grep
git apply
git bisect
git worktree
git reflog
git submodule 複数リポジトリ
git sparse-checkout 巨大モノリポ
git lfs Git Large File Storage 巨大ファイル
git show
git notes

CI/CD

普段は使わないけどスクリプトを書くときに役に立つコマンド。
Reference の Plumbing Commands のところからいくつか。

コマンド 備考
git cat-file
git for-each-ref
git ls-files
git ls-tree
git merge-base
git rev-list
git rev-parse
git show-ref

その他

滅多に使わないけど頭の片隅に留めておきたいコマンド。

コマンド 備考
git gc
git fsck
git filter-repo newren/git-filter-repo 履歴改変なので細心の注意を払って使いましょう
git filter-branch 非推奨 filter-repo などの代替の履歴フィルタリングツールを使用してください

ここに書いた以外にもコマンドはあります。
Reference に網羅された一覧がありますので使う機会があれば調べてみてください。

また Git コマンドではありませんが GitHub の操作には GitHub CLI が便利です。

Discussion

ログインするとコメントできます