🕰️

1970年にGitHubの草を生やす裏技

1 min read

ワーオ!
ワーオ!

適当なプロジェクトを選びます GitHubならプロフィールのREADMEとかでいいでしょう(<username>/<username>

便利のために最初は空コミット入れてますが,不要ならしなくてもいいです

git init
git commit --allow-empty -m "Init"
echo '![](https://nicothumb2img.vercel.app/image/sm2057168)' >> README.md
git add .
git commit -m "ホバーランランルー"

過去を改変します

git rebase -i HEAD~1
# pick->editに変える

git commit --amend --date="$(date -u -d "@0")"
git rebase --continue
git rebase HEAD~1 --committer-date-is-author-date

あとはこれをGitHubへ…

結果
1970年にGitHubに草を生やせる!

関連スレッド

Discussion

ログインするとコメントできます