📘

Vtuberの論文等をサーベイしたメモ

2022/04/14に公開約2,500字

2022/04/14 最終更新

最近Vtuberにハマりつつあり、そこらへんの論文などに興味を持ちまして、論文等を調べていたのですが、その情報を共有できるといいなと考えて作りました!
他にも情報等色々教えていただけるとありがたいです!よろしくお願いします🙇‍♂️🙇‍♂️

論文

AlterEcho: Loose Avatar-Streamer Coupling for Expressive VTubing

ISMAR 2021
Vtuberのアニメーションシステムに関するもの。
論文リンク
論文に関するメモ

More Kawaii than a Real-Person LiveStreamer:Understanding How the Otaku Community Engages with and Perceives Virtual YouTubers

CHI 2021
Vtuberの捉えかた、視聴するモチベーションなどをインタビューを通じて調査したもの。
論文リンク
論文に関するメモ

Designing identity in VTuber Era

VRIC 2020
VTuberのアイデンティティ構築、VTuber活動を行う理由、ジェンダー表現について調査したもの。
論文リンク

Effectiveness of Facial Animated Avatar and Voice Transformerin eLearning Programming Course

SIGGRAPH Poster 2019
Vtuberを用いた場合、e-learningのパフォーマンスに与える影響を調査
論文リンク

SNSデータを用いたバーチャルYouTuber探索支援システムの提案

2021年度人工知能学会全国大会
Vtuberを検索しやすくするシステムの提案
論文リンク

REALITY: Broadcast your virtual beings from everywhere

SIGGRAPH 2019
Vtuber配信アプリREALITYを提案
論文リンク

Difference Between Virtual Idols and Traditional Entertainment from Technical Perspectives

ICEMCI 2021
本稿では、バーチャルアイドルの技術や独自性の関係を事例で探り、バーチャルアイドルの定義や分類を示したもの。
論文リンク

Becoming a Virtual Cutie: Digital Cross-Dressing in Japan

ジャーナル?Convergence 2022
「バ美肉」に対し、かわいいアバターが男性の自己認知に影響を与えるかどうかを調査したもの。
論文リンク

The Research on Applying Artificial Intelligence Technology to Virtual YouTuber

RAAI 2021
VtuberへのAI応用技術の可能性を探ったもの
論文リンク

Indonesia Kris Representation on Virtual YouTuber “Anya Melfissa” Visual Identity

IMOVICCON 2021
Vtuberのキャラクターデザインに対し、既存の(インドネシア文化ベース)知識をどういう風に用いているかを調査したもの。
論文リンク

顔部位の変化の不随意性に基づく本心感情を隠蔽している表情アニメーションの生成―ツンデレ表情を事例として―

日本知能情報ファジィ学会誌 2020
ツンデレの表情の作り方をAction Unit(AU)に着目して述べた論文。
論文リンク

サイト

Vtuber界隈のみんなを便利にするためのWiki

Vtuber分析・研究というページがあり、そこにデータ分析事例であったり、研究や論文も載っていたりしている。
リンク

Discussion

ログインするとコメントできます