🐚

model&migrationによるデータの扱い

2020/12/16に公開約2,600字

https://readouble.com/laravel/5.5/ja/migrations.html

基本

$table->string('title'); //titleカラムのデータ型を 「string」 に設定

modelとtableの関連付け

モデルとテーブルの関連付けについては、モデル内で実装する必要がある
テーブル名がモデルの複数形である場合、Laravel の方で自動的にモデルとテーブルを関連付ける。

laravel Eloquent ORM

Laravel は Eloquent ORM があり、
クエリ及びクエリによって取得生成されたカラムをオブジェクト化したようなもの。

これを使用するためには、Eloquent Model の設定、外部キーを使うのであればモデル同士の関連付けが必要になる。

全てのEloquentモデルは Illuminate\Database\Eloquent\Model を継承する

取得
$users = User::all(); //全モデルを取得
$user = User::find(1); // 主キーで1レコードを取得
作成
User::create($data);
// または
public static function create(array $attributes = [])
{
    $model = new static($attributes);

    $model->save();

    return $model;
}
// または
(new User($data))->save();

https://readouble.com/laravel/5.6/ja/eloquent.html¥

migration

データ型

increments('id') //「符号なしINT」を使用した自動増分ID(主キー)string('カラム名', 長さ)  //長さ指定のVARCHARカラムtext('カラム名')  //TEXTカラムinteger('カラム名') //数値データカラムtimestamps() //created_atとupdate_atカラムdate('カラム名') //日付カラムtime('カラム名') //時間カラムdateTime(カラム名) //日時カラム

制約

カラムに UNIQUE 制約をつけることでカラムに重複した値を格納することができなくなる

migrate:refresh

Migrationを再実行してテーブルを再構築。当然データも吹っ飛ぶ

mysqlコマンド集

https://qiita.com/CyberMergina/items/f889519e6be19c46f5f4
クエリ
https://readouble.com/laravel/5.7/ja/queries.html

エラー記録

SQLSTATE[HY000] [2006] MySQL server has gone away (SQL: SHOW FULL TABLES WHERE table_type = 'BASE TABLE')

https://www.suzu6.net/posts/232-mysql-/

上記の記事通りなので引用させていただきます><

原因
1 サーバータイムアウト
2 接続をcloseしている
3 クエリが大きすぎる or クエリの最大サイズの設定が小さい

dockerの場合、mysqlの中にあるmy.conf内に記載している
slow_query_logさんが悪さをしてるのかもね〜。

以下のコマンドでクエリの確認

>mysql> show variables like 'max_allowed_packet';

SQLSTATE[HY000] [2054] The server requested authentication method unknown to the client

.envやdatabase.phpの設定は大丈夫ですか?
それでもダメなら
caching_sha2_passwordを変更

mysql> alter user 'XXX'@'XXX' identified with mysql_native_password by 'XXX';

参考:https://qiita.com/ucan-lab/items/3ae911b7e13287a5b917

SQLSTATE[42S01]: Base table or view already exists:

読んでそのまま、選択肢3つ

  • そのテーブルだけをrollbackするか。php artisan migrate:rollback(一つ前の状態にロールバック)
  • php artisan migrate:fresh(テーブルの中身も消えるけど)
  • dbごと作り直す

SQLSTATE[HY000] [1044] Access denied for user 'XXX'@'XXX' to database 'XXX'**

データベースを選択後、まずは権限とか確認したらどうですか?

mysql> show grants for 'ユーザー名'@'ホスト名'

必要に応じて権限を与えよう

mysql>GRANT 権限 ON レベル TO ユーザ IDENTIFIED BY PASSWORD '****'

https://www.dbonline.jp/mysql/user/index6.html

SQLSTATE[42S01]: Base table or view already exists: 1050 Table 'XXX' already exists エラー

A テーブルを一度消して再合成すれば良い

php artisan migrate:fresh

Discussion

ログインするとコメントできます